2016年10月17日

映画『怒り』

映画『怒り』を観ました。
東京滞在中、少し時間があったので、せっかくだから何か邦画を観ようと調べてみて、これが良さそうだったので見に行きました。
吉田修一の同名小説を映画化したミステリアスなドラマ作品。
出演は渡辺謙、妻夫木聡、森山未來、宮崎あおい、松山ケンイチ他。



続きを読む
posted by miyuki at 07:47| Comment(0) | FILMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

一時帰国から戻りました

昨日、2週間の一時帰国から戻ってきました。
初日の10月2日、東京に着いた時は蒸し暑かった・・・。涼しいシドニーから来たから余計に暑く感じました。
が、東京3泊のち京都2泊、京都府北部の実家に6泊するうち、後半は涼しくなって過ごしやすかったです。
懐かしい友人、家族と2年半ぶりに再会し、おいしいご飯を食べ、お風呂にゆっくり浸かり、たくさん買い物してきました。

ホテルは東京も京都も駅近くに取ったのですが、偶然にもどっちの部屋からも新幹線が見えましたー。京都のホテルは、ホームのアナウンスも少し聞こえるくらいの近さ。
apa hotel.jpgアパホテル(品川 泉岳寺駅前)(注:部屋からの眺め)
続きを読む
posted by miyuki at 14:14| Comment(2) | LIFE IN AUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

お土産完成

一時帰国に向けて縫製していたものたちが無事、すべて完成しましたー。これでやっと帰れる。(もっと早く取り掛かっておけば、というのも含めて)ほんと宿題みたい。

最後までかかっていたのがこの横長トートバッグ。これまでに同様の縦長トートバッグを10個以上作りましたが、ずっと前から「着物にも合わせられるバッグが欲しい」と思っていました。その実現も兼ねて横長トートバッグのパターン・仕様を考え、この度やっと実現にこぎつけました。で、ついでに妹、姪っ子、母にも生地違いで作成。実はこの4つを作る過程でも細かいところで改変していっているのですが、省略。どんな時でも家族は実験台よねー。と、開き直る。
4 tote bags.jpg
左(奥)から妹用(このバッグのみ、接ぎのない持ち手・牛革)、母用(接ぎあり牛革)、姪っ子用(接ぎあり牛革)、自分用(接ぎありカンガルーレザー)。
姪っ子用の黒いバッグにだけ、底に板を入れてみました。板があると最後の工程・パイピングがちょっとやりづらい(そして畳めない)のだけど、完成形はやはりしっかりしている。今度からもれなく底板入れようっと。

続きを読む
posted by miyuki at 14:51| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

一時帰国前の縫い物

ご無沙汰しております。9月になり、シドニーはぐっと気温が上がって日も長くなってきました。
学校も仕事も忙しくないのに更新が滞っているのは、一時帰国前に縫い物仕事に追われているため(汗)。

5月頃だったか、「せっかくやし何か作るわー。何がいい?」なんて自分から言い出して妹たちからリクエストを取ったものの、引越しもしたし取りかかるのが遅かったので、今頃になって焦ってます。
現時点で完成したのは、姪っ子(3歳)+甥っ子(2歳)にジャージのパンツ各2着づつ、姪っ子(小5)にギャザーロングスカート、妹に同様のギャザーロングスカート、友人に頼まれたピンタック+フリルとギャザーのブラウス。
そしてあともう1人の姪っ子(高2)にバッグを作ろうと予定しているものの、自分用に1つ試作中で、それが上手くいってからお土産用を作ろうかなどと悠長に構えております。

続きを読む
posted by miyuki at 18:50| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

最近のお仕事状況

4月から続けている、セレクトショップ自社ブランドのパターン仕事。
これまでは主に在宅でパターンを引いて、それを週に2回くらいの割合でオフィスに届けに行ったり、あるいは運送屋に取りに来てもらったりしていましたが、7月下旬から、オフィス横の空き倉庫を作業スペースとしてプロダクションマネージャーのA氏が使うようになり、そこへ机なども入れてくれてA氏の隣で私がパターン作業もできるようになりました。
週に2〜3日程度ですが、ちょっとしたことでもすぐ聞けるし、引きこもりじゃなくなったし、だいぶ違う。
ま、”パターン台”と言っても普通の机2台を並べてプラスティックの板を置いただけだし、dummy(ボディ。洋裁用マネキン)もなけりゃ、鏡もなし、ミシンもアイロンもないけれど。

A氏はmaker(サンプル屋、縫製工場)やsupplier(生地屋、附属屋)周りに出かけることも多いですが、それに同行させてもらったり、作業場での合間にぼちぼち雑談もするようになりました。

そんなある日、「マユキ(彼は私をこう呼ぶ)、I have something to tell you(話があるんだけど)」
「今年の2月から10か月の契約でここで働いてるけど、11月に契約が切れたらもう更新しないことにした」と打ち明けられました。

続きを読む
posted by miyuki at 08:19| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

最近のシェアハウス生活の写真など

今のシェアハウスに引越してきて1ヶ月半ほど経過。その間ランドリー改装工事も着々と進み、大家のPatrick達がほぼ毎日来て作業してくれたおかげでご覧の通りほとんど完成。タイルも全部やってのけちゃったんだからすごいわ。
new laundry.jpg
シャワーの扉のところに写っている洗濯バサミは、接着剤の固定のためと思われる。
タイルの目地とか、トイレ一式を支えている土台のセメント等が完全に乾くまでもう少し待たないといけないけれど、ここが第二のバスルームとして機能する日も近い。
何せ、Clintとかシャワー長いんだもん。私なんてバスルームに入ってから出てくるまで(メイク落としの時間も含めて)15分くらいなのに、彼は30分は水音がしている。
男性はシャワーでひげ剃ったり歯磨きしたりするのかもしれないけれど、他の男性2人はそこまで長時間じゃないのに、なぜ。でもランドリーのバスルームが使えるようになれば、そういうのも関係なくなるー。

続きを読む
posted by miyuki at 21:34| Comment(0) | LIFE IN AUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

Leather workshop for beginners

”レザークラフト初心者講習会”なるものに参加してきました。

趣味の手作りブランド:orientblueでレザーを使ったアイテムを作りたいなと思い、少しずつ道具を買ったりレザーの端切れを買ってみたりしたものの、やはり全く経験がないので、一度こういう講習会に参加してみたいと思って手頃なのを探していて見つけました。所用4時間で費用は$50(約4,500円)。

場所はシドニー空港近くのBirdsall Leathercraft。1883年から皮革の加工販売をしている老舗工場です。
時間は土曜日の8:45〜12:45。しかし「昨日、近所でガス漏れがあって緊急避難するよう言われて、普段なら前日に講習会の用意をするのだけどできなかったから」とのことで開始が少し遅れました。
始まるのを待つ間、併設のショップをじっくり見て回る。
birdsall leather shop.jpg

続きを読む
posted by miyuki at 14:29| Comment(0) | ARTS&EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

その後のシェアハウス生活

早いもので、気が付けば8月になりました。
先日やっと最後の部屋に入居者が決まり、4部屋すべてに住人が揃いました。

最後まで残っていた、一番小さいRoom3に入ってきたのはMindaugas(ミンドガス)。travel & tourism(旅行業)を学ぶ大学生。20代初めくらいか。長身でおしゃれなリトアニア人青年。この家で唯一の喫煙者。
おしゃべり好きで気さくだけど、英語レベルは私くらい、かつロシア語のアクセント(Rが強いとか)があるので難しい・・・。

あと、自分のライターがないときに、台所からgas lighter(チャッカマンのこと)を持っていくから困る(オーストラリアの普通のシェアハウスでは、スイッチひねるだけで火がつけられるガス台は新しい部類に入るらしく、大抵はチャッカマンが必要)。ま、この家で、火を使って料理してるのなんて私くらいだけど。

裏庭でタバコ吸いながらお酒飲んで、べろべろに酔っぱらってたりして、困る。それでも裏口の鍵はちゃんとかけてくれていたが、一応チェックしに行ったりして、全く私はこの家のお母さんですよ、ほんと。

続きを読む
posted by miyuki at 09:41| Comment(2) | LIFE IN AUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

映画『Our Kind of Traitor』

映画『Our Kind of Traitor』を観ました。

同名のスパイ小説『Our Kind of Traitor(われらが背きし者)』をもとにしたサスペンス。
モロッコで休暇を楽しんでいたイギリス人カップル、ペリー(ユアン・マクレガー)とゲイル(ナオミ・ハリス)は、偶然知り合ったロシアンマフィアのディマ(ステラン・スカルスガルド)から、ロシアンマフィアのマネーロンダリング(資金洗浄)情報が入ったUSBメモリースティックをイギリス諜報部MI6に届けるよう依頼される。ディマの家族が危険にさらされていると懇願されて仕方なく引き受けたものの、2人はMI6とロシアンマフィアの間に挟まれ、自らも危険に巻き込まれていく・・・。

難しそうだけど、キャストが良いので是非見たいと待っていた映画。おなじみDENDY CINEMASのお得な会員割引Member Mondaysにて$6(約500円)で見てきました。



続きを読む
posted by miyuki at 20:44| Comment(0) | FILMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

引越し後のシェアハウス近況

7月9日に引越して2週間ほど経ちました。

現在の住人状況

Room1 / 私: 7月9日入居。pattern maker/student。学校には週1回のみ登校、仕事は主に自室でするため、常にほぼ家に居る。
Room2 / Clint: 7月17日入居。40歳のtipper driver(ダンプカーのドライバー)。オーストラリア人。第一印象はハンプティダンプティ。オージー英語が早くてなかなか聞き取れないが、気さくないい人。仕事時間が不規則なためか、うちにはほとんど居ない。
Room3 / 現在空室。大家の2人はmiyukiのために女性が入ってくれることを期待しているが、男性からしか問い合わせがなくて困っている。
Room4 / Jim: 7月19日入居。train driver(電車の運転士)らしい。笑顔が素敵な中近東系オーストラリア人。40歳そこそこくらいと思われる。香水過剰なのがちょっと困りもの。

Jimが入居するまでの10日ほどの間、夜は私1人でした。シドニーに来て以来、ずっとシェアハウスで誰かが居る状態で暮らしてきたので、安全なエリアとはいえ、一軒家に一人っきりとは何だか変な感じでした。近くの公園にたむろしていると思われる、コウモリの鳴き声がやけに大きく聞こえたりして。

続きを読む
posted by miyuki at 22:04| Comment(0) | LIFE IN AUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする