2013年09月15日

在宅でのパターン仕事 その3

在宅でのパターン仕事 その1その2の続き。今回は写真もいくつか。

在宅仕事もようやく軌道(?)に乗ってきてかなり忙しくなってきたので、コミュニティサイトに載せていた広告は一旦休止して、今お仕事させてもらっているところに専念することにしました。
その1とその2に書いた、シドニー北部に住んでいるデザイナーさんからは、その後お仕事が来なくなったので、今はそれ以外で。

続きを読む
posted by miyuki at 10:15| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

在宅でのパターン仕事 その2

在宅でのパターン仕事 その1の続き。どれもコミュニティサイトに載せている私のお仕事広告を見て連絡をくれたものです。

こちらも6月中頃に連絡をくれたデザイナーさんがいるのだけど、彼女はNew South Wales州の北の端、Byron Bayに住んでいる。
地図で見てみたら、一応(?)NSWだけど、もうBrisbaneの方が近いくらい。
彼女は日本のファッションに影響を受けたブランドを新しく始めたいと計画していて、好きなブランドはComme des Garcons、 Yohji Yamamoto、Ne-net、 Tsumori Chisato、 Junya Watanabe。私の好きなAtsuro Tayamaも、サイトのリンクを送ったら見てくれて、気に入ったと言ってくれた。
私の経歴、好きなブランドなどを知って「こういう人を探していた!」とのこと。

続きを読む
posted by miyuki at 19:58| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

在宅でのパターン仕事 その1

6月下旬に、あるデザイナーさんから声を掛けていただいて、レディースのパターンを自宅でしています。
彼女も、イタリアンレストランのエプロン仕事同様、コミュニティサイトに載せている私のお仕事広告を見て連絡をくれました。

彼女はシドニー北部に住んでいて、作っている服は20代後半〜40代後半をターゲットにした割と高級なライン。
いずれブライダルも始めることを視野に入れて、彼女のチームに新しいパタンナーを入れるべく探していたところ、私を見つけてくれたそう。
何度かメールでやりとりをして、まずはミーティング。
ゆくゆくはシティでスタジオを見つけて、そこで仕事をしたいとのことだったけど、とりあえずトライアルという意味で2点デザインをもらい、自宅で作ることになりました。

続きを読む
posted by miyuki at 18:54| Comment(3) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

Aprons for an Italian restaurant

依頼を受けて、急遽エプロンを作ることになりました。
連絡をもらったのが木曜日の朝で、土曜日に5着必要とのこと。依頼主はシドニー北部にあるイタリアンレストランのGeneral Manager(多分):Sam。
急な話だなあと思っていたら、Samも「テレビの取材が来るんだけど、つい先日連絡を受けて」と言っていて、そのためにエプロンを新調することにしたらしい。
相変わらずデザイナーは給料払ってくれないから、飛び込み仕事が来てラッキーvなんて思っていたら、とんでもなく忙しい2日間を過ごすことに・・・。

続きを読む
posted by miyuki at 10:35| Comment(6) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

Mercedes-Benz Fashion Week Australia SS 2013-2014@Carriageworks Sydney

と、いうわけでMercedes-Benz Fashion Week Australiaにて我がブランドのショーを見てきました。今週は仕事から解放されてのんびり過ごす・・・はずが、水曜日にデザイナーに呼び出され、ショー用の服のお直し等々で結局6時間も仕事したけど・・・。
で、当日も昼前に電話がかかっていたんだけど、一緒にショーを見に行くパタンナー友達と楽しくランチ中だったので出られず。何か私のパターンでまずいことでも起こったか?けど今から呼ばれても無理だし−。ってんでかけ直さず。その後はもうかかってこなかったからどうにかなったんでしょう。

ショーは16時からRedfern駅近くのCarriageworksという建物にて。
中に4つくらい会場が設けられているようで、時間までカフェでくつろぐ人あり、展示されている協賛会社メルセデス・ベンツの美しい車達を眺めて写真撮ってる人あり。東京コレクションだと会場が1つじゃないから比較できないけど、まあかなーり小規模な、こぢんまりした感じ。
FW.jpgFW2.jpg
続きを読む
posted by miyuki at 09:28| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

最近のお仕事状況

あー、前回と同じタイトルになってしまった。
4月が始まって、日本なら新年度ってとこですか。
パタンナーになってからは4月はあんまり意味がなくなったけど、事務員時代は3/31と4/1はとても重要だったのを思い出す・・・。
あ、昨日でdaylight saving(=summer time)が終わって、今日から元の時間になりましたな。朝、時計見てびっくり。携帯とPCはちゃんと自動で変わるから何ともないけど。

仕事は今日で一旦終了。来週行われるFashion Weekでキャットウォークショーを行うので、それの服作りでずっと忙しかったけど、一応私の分の仕事は終わって、あとはmachinist(縫い子)さんたちの仕事になるんでしょう。デザイナーも多少はパターン出来るし。

続きを読む
posted by miyuki at 21:21| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

折り伏せ縫いのブラウス2枚

仕事がなくて引きこもってた時期にブラウス作りました。学校はホリディだったし、外出してもお金使うばっかりだし・・・。

シドニーに持って来たミシンでブラウス作ろうと計画していたけど、ロックミシンがないので縫い代始末を考え、肩はヨークに、接ぎは折り伏せ縫いに、袖ぐりはバイヤステープ始末にしました。
専門学校生時代、職場体験だか実習だかに着ていくための白いブラウスを作る課題があって、私はシンプルかつ簡単なのを作ったのだけど、クラスメートのHisakiちゃんは、折り伏せ縫いで作ってました。「大変やったんちゃうん?」って聞いたら、「縫った後、こーやって縫い代を半分に折って、片方を半分に切り落として、くるんで縫うだけ」って説明してくれたっけ。
先生も、彼女のブラウスが一番良かったという評価だったのだけれど、「せっかく折り伏せ縫いで作ったんだから、袖ぐりもバイヤステープ始末にしてあったらもっと良かったです」って一言があり、クラスみんなで「あ〜(=厳しいけど、確かにその通りかも)」なんてため息を漏らしたのが、なんだかすごく印象に残ってる。Hisakiちゃん憶えてる??

ともあれ今回は必要にかられて以上のような縫い代始末+例によってボタンホールはやめて、リボンで留める前明きに。
生地は、近所の安い生地屋で。$9.99(約850円)/m。色合いといい綿100%の平織りの手触りといい、浴衣のようだなあと思いながら作ってた。

・・・折り伏せ縫いって、英語で何て言うんかな?french seam?
多分、こんな手間のかかる縫い方を、海外のレディースではわざわざすることはないような気がするけど・・・。
BL Jan 2013.jpg
続きを読む
posted by miyuki at 15:01| Comment(2) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

最近のお仕事状況

近況について書くのはなんだか久しぶり。
仕事し始めたのに加え、このところ腰痛、その後の意味不明な右足筋肉痛(?)がひどく、PCに向かって文章書く気力もない毎日でしたが、多少ましになったので。

シドニーへ来て最初に働いていたブランドでは10月初めまで仕事してましたが、忙しさのピークを過ぎたらパタンナーの仕事が少なくなってしまったらしく、仕事に呼ばれなくなってしまいました。
その後も専門学校の学生さんの卒業制作を手伝ったりしてましたが、それも終わってしまい、仕事探しが仕事みたいな毎日を過ごしてました。たはは。
シドニー(と、いうか海外)のブランドは、小さいところが多いし、ファッションのお仕事は、仕事の波があるから仕方がないとはいえ、先方に必要のない限り仕事がないというのがフリーランスの悲しいところ。
かといって、他の仕事は大して経験もないし、言葉の壁があるから「この際何でもいい!」とは、なかなかいかない。

続きを読む
posted by miyuki at 11:29| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

カットソー素材のアンサンブル作成

実はあまり仕事がなくて時間を持てあまし気味な今日この頃。
外出してもお金使うばっかりだし、どうせなら趣味と実益を兼ねて(?)服でも作るか、と11月下旬から自宅で作業してました。
12月の一時帰国中にミシンで作業出来るよう、それまでに準備。
ブラウス、お弁当を入れるトートバッグ、Tシャツ等々を作るつもりにしてましたが、ふと安くでジャージ生地が手に入ったので、急遽アンサンブルも追加で作ることにしました。

ブラウスが出来るまで」は、以前書いたので、今回は「ジャージー素材のアンサンブルが出来るまで」を写真付きで。

続きを読む
posted by miyuki at 14:49| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

Mannequin購入


気がつけば9月最後の日。こちらは10/1がbank holiday(Labour Day)なので3連休です。
仕事は相変わらずお暇をいただいてますが、友達の友達(TAFEでファッションを勉強中)がクラスメートを紹介してくれて、その子から依頼を受けたジャケットのパターンを作ってます。年末のコンペティションに1人6〜7体出すとかで、そのうちの1着の模様。モデルさんに着せるそうな。

続きを読む
posted by miyuki at 17:56| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

I have got a job!

遅くなりましたが改めて、アルバイトが決まった経過とその後の仕事の様子等々簡単にご報告。
8月の始めから、小さいブランドでpattern maker(パタンナー)としてパートタイムで働いています。
トライアルをパスしてからブログに書こうと思っていたけれど、なんだかよく分からないままに、そのまま普通に仕事を続けさせてもらってます。いや、喜ばしいことではありますが。

この仕事は、東京でのパタンナー時代の先輩で今はロンドンで暮らしているお友達に「パタンナーの仕事があれば紹介して欲しい!!」とお願いしていたところ、紹介してもらいました。彼女が昔ここで働いていたことがあって、当時のお友達(そしていま私と一緒に仕事してます)にたずねてくれたそうです。
文章で書くとなんだかややこしいな。

続きを読む
posted by miyuki at 13:08| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

A trial at an alteration shop

なかなか進捗がない仕事探しですが、先日トライアルを受けてきたのでその報告。

パターンの仕事といってもあまり求人もなく、求人情報にウェブ経由で、あるいは直接ブランドサイトのメールアドレス宛にCV(履歴書)を送っても応答なし。自分でCVを店舗やhead office(本社)に持って行っても音沙汰なしってなことをシドニーに来て以来繰り返してました。

バスに乗っていて目につくのは「Alteration」の文字。意味的には洋服の仕立て・お直し屋といったところか。ロンドンでは見た記憶がない・・・。
クリーニング店と一緒になっているところも多く、ともあれそういう仕事が成り立っているんだなあと感じました。
店によってはmade to measure(お誂え)の紳士服、シャツ、ドレスの修理等手広くやっている様子。これはこれで面白そう。

続きを読む
posted by miyuki at 18:36| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

アルバイト終了

学校が終わる頃からやっていた、パタンナーのアルバイトがしばらく前に終了しました。

インターンシップで行っていたデザイナーから3月中旬にメールをもらい、今回は(フリーランスのパタンナー扱いで)アイテム1点につきいくら、という形で給料を払うと言われたので、学校が終わる頃からほぼ毎日デザイナー宅に行き、前回と同じように働きました。
本当はインターンシップに行っていた時、体力的にというよりデザイナーと性格が合わなくて、精神的にしんどかったからもうそこでは働きたくないと思っていたけれど、学校が終わってもビザ残存期間2ヶ月弱では新たにアルバイトを探すのも難しく、まあ給料払ってくれると言うし、トワルもフィッティングもできるんならそれなりに仕事として悪くないかなと思って行くことにしました。

続きを読む
posted by miyuki at 01:18| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

ロンドンでの就職活動報告:その4・オーストラリア編

ドバイのデザイナーからほぼ採用内定な返信をもらったけれども、相変わらず就職活動は継続中。
と、いうのもドバイは就職できる機会はあるものの、給料が安い。日系(または欧州系)企業でなく現地企業に雇われる場合は「インド・パキスタン人並み」な給料になってしまうとか。前述のリトアニア人デザイナーの所でも、明示された給料は住居・交通費別でUS$1,100(約9万円)だし・・・。

なので、なぜか忘れていたオーストラリア・ニュージーランドでもパターンの仕事が出来るところを探し始めました。AUSでの呼び名はpattern maker。
シドニーでワーホリ滞在し、パタンナーをしていた経験のある友人の話によると、オーストラリアは労働の出来るビザ=ビジネスビザを取るのは難しくないらしいし、給料もいい(と、いうかイギリスが安い)。そして探せば結構な数のブランドがあり、日本人デザイナーも多く活動していることを知る。
とりあえず、例によって手当たり次第に履歴書(こっちではアメリカ風にresumeと呼ぶ)を送る。

続きを読む
posted by miyuki at 04:13| Comment(4) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

ロンドンでの就職活動報告:その3・ドバイ編

その後も今まで同様ネットを使って求人情報を探し、イギリスが無理ならそれ以外のヨーロッパ近隣国ではどうか、などと探しているうち、ある日ふとアラブ首長国連邦のドバイでパタンナーを募集しているのを発見。何より私が引きつけられたのは、
待遇として
「Good salary + accommodation + visa + air ticket」
と書いてあった一文。
なんかこの一行を見て、バブル期の日本の就活みたい、と思った(実際には私はバブル期に就活していませんが、面接に来た学生に昼食はもちろん新幹線代に日当まで出していた企業も多かったとか)。
見つけた時点で2ヶ月以上前に出ていた求人だったため、もう遅いかも・・・いやビザに航空券まで出すくらい勢いのある会社なら、もう1人くらい雇ってくれるんじゃないのなどなど、いろいろ妄想しつつドバイ情報を調べる。
中東の新興国・アラブ首長国連邦の首都ドバイは外国人率が高く、英語が準標準語状態であること、労働力を外国人に頼っているためビザの手続きも簡単なこと、などなど。この求人以外にも応募。

続きを読む
posted by miyuki at 23:16| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロンドンでの就職活動報告:その2・ロンドン南部の会社にて実技試験

3月中旬、ある会社からメール。数打ちゃ当たるが当たったか。
これは求人サイトを通じて送ったCVに対して来たもので、Tier2のビザにもちゃんと言及があり、私は求めている人材としては適していると思われるけれども、ビザ問題もありフルタイムで雇えるかどうか思案中、とのこと。が、追伸としてその送り主=Managing Directorの奥様は日本人であること、ほかに3人ばかり日本人スタッフも居ると書いてある。
添付されたリンクから会社のHPを見ると、結構な老舗で大きな会社であること、メンズ・レディースのオートクチュール(注文服)から子供服まで扱っていることなど書いてある。わくわくしてきた。
とりあえず面接だけでも!とお願いし、3日後に面接の約束をとりつけた。長く就職活動してる気がするけど、よく考えたら英語面接って、インターンシップで行ったスタジオ以来だ・・・。
でも、もし駄目だったとしても英語面接の経験値として捉えればいいし、他にもこんな風に連絡くれる会社があるかも知れないっていう励みになる。

続きを読む
posted by miyuki at 03:59| Comment(2) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Londonでの就職活動報告

早いもので、ロンドンでの生活も残り数日となりました。
昨年10月にロンドンへ来て以来、ずっとCV(Curriculum Vitae=履歴書)を送るなどしていた就職活動は、数週間前にようやく終わりを告げました。
と、いうのもオーストラリアで就職先が見つかったからです。ビザの申請などはまだこれからだけれども、もしビジネスビザ(外国人労働者のための就労ビザ)が取れなくても、学生ビザを取ってオーストラリアへは行くつもりにしています。

さて、これから数回に渡って、私のロンドンでの就職活動について書こうと思います。
就活といっても実際に試験を受けたりしたのは1回のみ、あとは求人情報を探して、ひたすらネットの海をむなしく泳ぎ回っていただけですが。
長くて退屈かもしれない記事ですけど、まあこんな話を聞く機会もあまりないのではないかと。あとは自分の覚え書きとして。

続きを読む
posted by miyuki at 02:42| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

インターンシップ終了

事後報告になりますが、12月18日で例のインターンシップでのパタンナーアルバイトを辞めました。
理由は、体力的、時間的にしんどくなってきたから。
週に3〜5日、学校が終わった後15時にスタジオに入り、だいたい19時から20時まで立ち仕事っていうか中腰で作業。仕事が片付かない時には21時までかかっても終わらせなければ帰らせてもらえなかったり、平日に都合で1日休ませてくれと言うと「じゃ、土曜日に来てほしい」と言われたり。
授業の復習をする時間も気力もなく、持病の腰痛も悪化するし、こんなに働いても交通費しか出ないという状況に精神的にもつらくなり、後半はスタジオに行くのが苦痛でした。楽しかった気がしたのは最初のうちだけでした。

続きを読む
posted by miyuki at 08:12| Comment(2) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

インターンシップでメンズのパターン

どうにか追い出されず最初の週が終わりました。のでご報告。

初日の月曜日は、裁縫+パターン道具、テキスト等を持って行ったにも関わらず、デザイナーと一緒に、ボタン類の買い出し+クリーニング屋にプレスで出していた作品の受け取り等に走り回って終わり、汗だくでスタジオに帰り着いて私がしたことといえばジャケットのボタンを付け替えることと、ブランドマークのステッカーを切り抜いてハンガーに貼り付け、針金ハンガーと交換する、それだけ。

続きを読む
posted by miyuki at 06:11| Comment(2) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

イギリスブランドのスタジオでインターンシップ

なんと、とあるイギリスのブランドの小さなスタジオで働けることになりました!
と、いってもインターンシップ(学生の就業体験)扱いなので無給ですが、英語+こちらでのパタンナーの仕事を勉強できる機会をもらえたので頑張ります!とても嬉しいです。

始まりはしばらく前のこと。
こちらに来て数週間が経ち、生活にもある程度慣れ、授業もだいたい様子がつかめました。が、かといって学校が終わった後は、相変わらず1人でぶらぶら時間をつぶすか授業の復習をするか程度の生活で、なかなか会話力を訓練する機会がないなあと思いつつ、アルバイトを始める気力もないままでいました。

そんなある日、イギリスに住む日本人向けの情報サイトで、このブランドのインターンシップ求人広告を見つけました。
最初は、バイト代が出ないなんて・・・と思って素通りしていたのですが、数週間経ってふと考え直すと、英語の勉強にもなるしイギリスでのファッションブランドの仕事ぶりを勉強できるいいチャンスなのではないか、日本食レストランでアルバイトするよりは私にとって良いのではないかと思い、応募のメールを送りました。

続きを読む
posted by miyuki at 06:02| Comment(4) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする