2017年04月02日

最近のパタンナーお仕事状況

あっという間に4月になりました。3月はほとんどずっと雨降りでしたが、最近は気温も下がって過ごしやすくなり、お天気もやっと落ち着いてきました。
昨日でday light saving(夏時間)が終わり、本日から日本との時差は1時間になりました。そして、季節はいよいよ冬に向かっていきます。

3月半ばからサウジアラビア出身のY君に呼ばれ、彼のファッションウィークコレクションのパターン仕事をしています。
場所はY君が居候している彼のガールフレンドGちゃん宅(のリビング)で、うちから徒歩+電車乗り継ぎ+バス+徒歩で片道1時間半、乗り継ぎがうまくいかないと2時間近くかかるところ。
朝5時過ぎに起き、7時に出発、帰宅は仕事が終わる時間により早ければ19時くらい、遅いと21時とか。

続きを読む
posted by miyuki at 16:05| Comment(4) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

Toile fitting with a male model

今お仕事しているデザイナーさんのコレクションはメンズとレディースが半々くらい。なので男性モデルでも試着チェックしました。
思えば、メンズブランドで仕事したり、個人のお仕事でメンズを作ったことは結構あるけれど、(モデル事務所から派遣されるような)ちゃんとした男性モデルと仕事するのは初めて。試着”モデル”はたいてい、サイズの合うスタッフやその友人などだったから。
女性モデルとは度々仕事したし、専門学校生時代に、バックステージで着せ付けのバイトをしたことも何度かありましたが、男性モデルとは縁がなく、今日に至る。

そんなわけで、興味津々で迎えた試着の日。

続きを読む
posted by miyuki at 19:35| Comment(2) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

最近のパタンナーお仕事状況

前回のお仕事状況報告で書いたM女史とのお仕事が途切れてしまったので、1月下旬からまたお仕事探しを再開、いくつか個人から単発仕事の依頼を受けた以外は、今は主に5月のシドニーファッションウイーク(FW)に向けてのお仕事をしています。

1月にしていた仕事は、ファッション学校を卒業後、アパレルの会社で働いている子からの依頼でしたが、彼女のコレクションは、全てインターネットから見つけてきた写真のコピーで、デザインしてへんやん、と思いました。
まあ珍しくはないですが、まだ学校を出たばかりらしいのに、しかもコレクションの全てが写真=コピーだったのでかなりあきれてしまいました。そしてどれもオーバーサイズ。彼女の注文は通常から3サイズくらい大きくしてほしいとのこと、ジャケットの肩はほぼ水平、分厚い肩パッドを何枚も重ねて、さらに袖は通常の長さに20cmくらい足す、などなど。
トワルを見せると「いい!カワイイ!」とか言って喜んでいるのですが、私にはよーわからんわ。
作っていてもオーバーサイズ過ぎて、良いのか悪いのか何が何やらよく分からんって感じで、楽しくはなかったです。
とりあえず、オーストラリアでは売れないと思うけど。彼女は3月にキューバでコレクションをしたいと言っていました。
2月に入り他の仕事が忙しくなって、取り掛かっていなかった分のデザインはキャンセルさせてもらったのですが、私との仕事は満足してもらえたようで、「近い将来、またぜひ一緒に仕事ができれば」とか言われました。いや、私はそれほどでも・・・。

続きを読む
posted by miyuki at 19:29| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

最近のパタンナーお仕事状況

お仕事の報告が遅くなりました。
昨年10月末に、セレクトショップ自社ブランドでの仕事が突如打ち切りになって以来、コミュニティサイトにお仕事広告を載せて、それを見た人からの単発仕事をいくつかしていた程度でしたが、このセレクトショップ自社ブランドがお世話になっていた縫製工場のマネージャーさんを通じて知り合いになった、別のレディースブランドが新しいパタンナーを探していると聞いて、彼らの次期コレクションからmiyukiにパターンを頼む、と(9月頃に)言ってもらっていたのでその連絡を待っていました。

10月末に無職になってしまったものの、仮押さえされている身としては、就活は一応控えめに・・・。

続きを読む
posted by miyuki at 06:45| Comment(2) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

I got a bunch of leather just $5!

1月2日、町はほぼ平常運転に戻っていて、生地を買いに行きつけの生地屋に行ったところ、在庫処分といってゴミ袋一杯分のレザーをたった$5(約400円)で分けてもらいましたー!すごい!

もともと1枚$30とかで販売されていたものでしたが、しばらく上階の倉庫にしまい込まれたままになっていて、そこを今度店主の息子が住まいにすることになったそうで、場所を作るために普通に売るよりもとにかく早く片づく方法を選んだとのこと。私が居るのを見つけた店主の女性が「レザー買わない?どれでも1袋$5だから、好きなのをいくらでも持って行って」と言って選ばせてくれました。

そして後日、ハウスメイトに車を出してもらって取りに行くと、「もっと買わない?それとも1袋だけならサービスするわ」と言って、1袋タダでもらってしまいましたー。
leather 2 bags s.jpg

続きを読む
posted by miyuki at 18:33| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

Repair and maintain overlocker

ロックミシンをメンテナンスに出しました

今年の6月、職業用ミシンを修理に出しました(こちら)が、今度はロックミシンの調子が悪くなり、修理に出すことに。こちらも13年前に購入して以来初めてのメンテナンス。
症状: コントローラーを踏み込んでも動いてくれないことが時々あり、コントローラーの中の配線か何かが悪くなっているのかなあと。
あとはクリーニング。糸くずがひどい。

11月半ば、前回と同じミシン屋へ。
前回は徒歩+電車で自力で運びましたが、今回はハウスメイトが車を出してくれたので楽々〜。
私のロックミシンはJUKIの糸取物語。2本針4本糸です。こちらではJUKIのミシンは普通のミシンもロックミシンもまとめてBaby lockと呼ばれるらしい。
カタログによると総重量約7.8kgだそう。職業用ミシンが11kg程度だったことを思うと軽い。
コントローラーと、例によって変圧器も持ち込む。

電話で事前にmechanic(修理工)さんとしゃべった時点では「普通、4〜5年ごとに点検・整備に出してもらうのが理想なんだけど、どうやら長期間メンテナンスされてないみたいだし、実際に見てみないと直せるかどうか分からないね。だいたい1週間はかかると思ってもらいたいんだけど、もし運悪く修理できないってことになったら3日ほどで返すから」とのことでした。
「治癒の見込みがないのでお引き取りください」って言われたらどーしよー、と、自分がこれまで無精してきたことは棚に上げて不安に陥ることしばし。

続きを読む
posted by miyuki at 20:33| Comment(2) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

最近の縫い物

I'm between jobs now (現在、就活中)ということで、時間はあるし生地もあるし、「暇があるときにやっつける縫い物」リストを作って、それを順番に片づけていきました。
とにかく生地のストックが多すぎる。なのでそれを減らすのも兼ねてせっせと縫い物。

●Slim fit pants with button fly
アイボリーの生地で1本目作成(記事はこちら)、パターンの微修正後、生地違いでもう1本作りました。が、よくある失敗で、初回は緊張しているからかうまくいくのに、2回目は気が抜けて失敗。料理でもよくやる。
ポケット見返しに芯を貼り忘れたり、ベルトループ付けがズレたり、最近の縫い物の中では一番下手な仕上がりになってしまった・・・。まあ気にせず着ますけど。
black pants cutting.jpg
リビングのテーブルで裁断中

続きを読む
posted by miyuki at 12:59| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

パターン用語追加

Pattern making and sewing words in English(日英パターン・縫製用語)の記事に以下の語句を追加しました。

例の、セレクトショップ自社ブランドでの仕事では、プロダクションマネージャーA氏とあれこれ仕事上でコミュニケーションをとる必要があったし、シドニーで4年近くパタンナーの仕事をしてきて初めてサンプル屋さんや縫製工場さん、生地屋、付属屋などに連れて行ってもらい、さらにそこのスタッフさんたちとも会話したりしたことで、いろいろ勉強させてもらいました。当時のメモをもう一回おさらいしたり、思い出したりしながら新しく学習した英単語達を書き出してみました。

続きを読む
posted by miyuki at 19:24| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

最近のお仕事状況

突然ですが、例の、セレクトショップ自社ブランドでのお仕事が10月末で突如打ち切りとなりました。
理由は、プロダクションマネージャーのA氏が突然「もう無理。辞める」と決めたから。

それは10月最後の金曜日の午後。(月・火・木に来るよう言われていたので)その日は自宅で縫い物をしていたところ、仕事していたというA氏から電話。
「I'm leaving today」(今日で辞めた)とな。
以前の日記にも書きましたが、ブランド側の無茶なスケジュールや本生産に入ってからの仕様変更、生地変更など、あれこれ振り回されてきたA氏はずーっと不満が募っていて、この日、小さなことがきっかけでついに爆発したらしい。

突然すぎてびっくりしたのに加え、これから先の生活費の心配などしてA氏の話に集中できず、詳しいところまで覚えていないのですが、まあ売り言葉に買い言葉みたいな感じになって、これ以上やってられるかよ!的に立ち去ったらしい・・・。

続きを読む
posted by miyuki at 12:37| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

Slim fit pants with button fly

自分の服を作るときは、パターンなり縫製なりで、今まで作った経験がなかったり、おさらいしたいディテールを取り入れるようにしています。
今回はボタンフライ。
ジーンズや、主に男性のパンツの前明きに使われているディテールで、ファスナーの代わりにボタンで開閉するもの。

ボタンフライの所以については諸説あるようですが、ジーンズ生地が洗濯によって収縮する率に、ファスナーが対応できないためだとか、隠れたおしゃれとも言うべきファッション性だとか、あとはボタンの開閉ならファスナーに比べて壊れにくいということでしょうか。

で、そういえばボタンフライって、作ったことがなかったなあと思い、ちょうど自分用にパンツ原型を作っていたところだったし、この際、気に入っているジーンズからパターンを抜いて(コピーして)、ついでにボタンフライを作ってみようと決定。
ファスナー付けは苦手だけど、ボタン付けなら自信あり。ボタンホールも手まつりでするの好きだし。
ま、言ってみれば比翼明きということなのですが、ファッション専門学校生時代に授業で比翼明きのコートを作って以来。
あの時はなんか、複雑だし大変だったしもうやりたくないと思ったものだけど、今回のパンツのボタンフライは簡単でした。

続きを読む
posted by miyuki at 16:25| Comment(2) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

お土産完成

一時帰国に向けて縫製していたものたちが無事、すべて完成しましたー。これでやっと帰れる。(もっと早く取り掛かっておけば、というのも含めて)ほんと宿題みたい。

最後までかかっていたのがこの横長トートバッグ。これまでに同様の縦長トートバッグを10個以上作りましたが、ずっと前から「着物にも合わせられるバッグが欲しい」と思っていました。その実現も兼ねて横長トートバッグのパターン・仕様を考え、この度やっと実現にこぎつけました。で、ついでに妹、姪っ子、母にも生地違いで作成。実はこの4つを作る過程でも細かいところで改変していっているのですが、省略。どんな時でも家族は実験台よねー。と、開き直る。
4 tote bags.jpg
左(奥)から妹用(このバッグのみ、接ぎのない持ち手・牛革)、母用(接ぎあり牛革)、姪っ子用(接ぎあり牛革)、自分用(接ぎありカンガルーレザー)。
姪っ子用の黒いバッグにだけ、底に板を入れてみました。板があると最後の工程・パイピングがちょっとやりづらい(そして畳めない)のだけど、完成形はやはりしっかりしている。今度からもれなく底板入れようっと。

続きを読む
posted by miyuki at 14:51| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

一時帰国前の縫い物

ご無沙汰しております。9月になり、シドニーはぐっと気温が上がって日も長くなってきました。
学校も仕事も忙しくないのに更新が滞っているのは、一時帰国前に縫い物仕事に追われているため(汗)。

5月頃だったか、「せっかくやし何か作るわー。何がいい?」なんて自分から言い出して妹たちからリクエストを取ったものの、引越しもしたし取りかかるのが遅かったので、今頃になって焦ってます。
現時点で完成したのは、姪っ子(3歳)+甥っ子(2歳)にジャージのパンツ各2着づつ、姪っ子(小5)にギャザーロングスカート、妹に同様のギャザーロングスカート、友人に頼まれたピンタック+フリルとギャザーのブラウス。
そしてあともう1人の姪っ子(高2)にバッグを作ろうと予定しているものの、自分用に1つ試作中で、それが上手くいってからお土産用を作ろうかなどと悠長に構えております。

続きを読む
posted by miyuki at 18:50| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

最近のお仕事状況

4月から続けている、セレクトショップ自社ブランドのパターン仕事。
これまでは主に在宅でパターンを引いて、それを週に2回くらいの割合でオフィスに届けに行ったり、あるいは運送屋に取りに来てもらったりしていましたが、7月下旬から、オフィス横の空き倉庫を作業スペースとしてプロダクションマネージャーのA氏が使うようになり、そこへ机なども入れてくれてA氏の隣で私がパターン作業もできるようになりました。
週に2〜3日程度ですが、ちょっとしたことでもすぐ聞けるし、引きこもりじゃなくなったし、だいぶ違う。
ま、”パターン台”と言っても普通の机2台を並べてプラスティックの板を置いただけだし、dummy(ボディ。洋裁用マネキン)もなけりゃ、鏡もなし、ミシンもアイロンもないけれど。

A氏はmaker(サンプル屋、縫製工場)やsupplier(生地屋、附属屋)周りに出かけることも多いですが、それに同行させてもらったり、作業場での合間にぼちぼち雑談もするようになりました。

そんなある日、「マユキ(彼は私をこう呼ぶ)、I have something to tell you(話があるんだけど)」
「今年の2月から10か月の契約でここで働いてるけど、11月に契約が切れたらもう更新しないことにした」と打ち明けられました。

続きを読む
posted by miyuki at 08:19| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

Repair and maintain sewing machine

ファッション専門学校入学時に購入して以来およそ13年間、一度も専門家によるクリーニングやメンテナンスを受けたことがなかった私のミシン。
これまでは特に問題はなかったものの、さすがにいろいろ調子が悪くなってきて、ちょうど今は例の、セレクトショップ自社ブランドの仕事ばかりでトワルを縫うこともないし(トワルはサンプル屋さんが本物の生地で縫うから)と、この度初めてミシン修理に持ち込みました。
車がないため、日本からシドニーに持ってきたときに使ったバッグに入れ、自力で。うちと、ミシン屋の両方が駅から徒歩2分程度と近くで良かった。何せ10kg以上ありますから。
私のミシンはもちろん日本製で、電源もプラグの形状と電圧が違うため、変換プラグと変圧器も持ち込む。

続きを読む
posted by miyuki at 18:05| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

セレクトショップ自社ブランドのお仕事:担当商品が店頭へ

例の、セレクトショップ自社ブランドのお仕事で相変わらず忙しい日々を送っております。
6月のコレクション商品分については、パターンはほぼ終了、サンプルの修正をして再サンプルを待っていたり、チェック後の修正指示を待っていたりする程度。
先日はパターン納品とミーティング、といういつもの内容に加えて、プロダクション(本生産)用のパターンをその場で急ぎで修正、さらにプリーツ屋に寄ってプリーツを回収、プリーツスカートの仕様を相談する、というオプションが加わりました。

プリーツ屋にはプロダクションマネージャーのA氏が一緒に連れて行ってくれました。道中、A氏は今の会社の運営に対する不満だとか、会社のスタッフや外部のメーカーさんに対する不満だとか、オーストラリアのファッション業界に対する不満だとか、とにかくいろいろ不満があるみたいでひたすらしゃべってました・・・。
それ以外では、共通の知り合いがいることも判明。シドニーのファッション業界は狭い。

続きを読む
posted by miyuki at 20:20| Comment(2) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

パターン用語追加

Pattern making and sewing words in English(日英パターン・縫製用語)の記事に以下の語句を追加しました。

職業用ミシン: semi-professional sewing machine
工業用ミシン: industrial/commercial sewing machine
平ロック: covered stitch, cover lock
三つ折り: double turn
巻きロック: babylock/ narrow rolled edge
ミシンの押さえ金: foot
(店頭ハンガー用などの)吊り紐: hang tape
共布・共地: self
(生地の)表: face
ベンツ: vent
ウエストがゴム(+紐)、ルーズないわゆるスゥエットパンツ: track pants
布端のフリンジ・ほつれ: fray
(丈などを)長くする、延長する:elongate
(縫い代は)肌側に:sits on skin 

新しいところ(セレクトショップ自社ブランド)で働き始めて、いくつか新しい言葉が加わりました。また何か気が付いたら追加します。
posted by miyuki at 17:18| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

セレクトショップ自社ブランドでのパタンナーお仕事状況その後

ご無沙汰しております。っていうか、毎日忙しすぎてあっという間に5月になって、ご無沙汰していた気は全然しないのだけど・・・。
日本はGWが終わって、もう初夏の陽気でしょうか。シドニーは朝夕ずいぶん涼しくなり、爽やかなお天気が続いています。

しかし私は、例のセレクトショップ自社ブランド製品のパターン仕事に追われ、毎日引きこもりで在宅作業。
だいたい週に2回はプロダクションマネージャーのA氏をオフィスに訪ね、出来上がったパターン渡しと新しいデザインの受け取りやサンプルが上がった分の修正分など含めたミーティングをしていて、月曜か火曜に週末に出来た分の渡し、金曜日にその週の月曜か火曜にもらった分の渡しと次のアイテムの引き受け、これの繰り返しで約1ヶ月が経過。
今日は朝にdrop(パターンお渡し)に行ってきて、珍しくお持ち帰りは既存パターンの修正1点のみ。
今日サンプルチェックがあるらしく、明日またオフィスに行ってたくさんお持ち帰りになる予定だけど、久しぶりにちょっと時間が出来たのでブログ書いてます。

続きを読む
posted by miyuki at 17:56| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

How to create the patterns from existing garments

参考サンプルや実在する服からパターンを取る方法について。

前回のパタンナー日記で”持ち込まれた参考商品のパターン取り”をしたことを書きましたが、たまにはこういう、パターン解説みたいなことも書かねば、と思って書いてみます。

パタンナーをしていると、「これをコピーして」といった感じで、実際の服を渡されてそれからパターンを抜く(取る)、という作業が時々あります。
サンプルを解体、アイロンして平面に戻すことができればそれをトレースしてパターンを取ることができますが、サンプルが借り物だったりしてほどくことができない場合が多いと思うので、その場合の、(あくまでも)私の方法。

初めの頃は「これって言ってみれば”パターン泥棒”ってか盗作じゃないの?」と思ったりしましたが、小規模なブランドではどこでも結構普通に行われていると思います・・・多分。
持ち込まれるのは、デザイナーさんが興味を引かれた服だったり、他社で売れ筋の商品だったり。抜いたパターンをそのままそっくり使って商品が作られることもあれば、生地を変えたりデザインを加えたりして商品になることも。これぞ”behind the curtain”(=舞台裏)って感じ?


続きを読む
posted by miyuki at 07:16| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

最近のパタンナーお仕事状況

ご無沙汰しております。早いもので、気が付けば4月最終週、本日こちらは3連休(土日+Anzac Day)の最終日です。
2月中旬からずっと忙しく、3月に入って学校が終わってからは5月のシドニーファッションウィーク(FW)のコレクションを手伝う仕事が加わり、またそれとは別のお仕事も次々いただいて、途切れる暇がないどころか断らなければならないような状況になり、結果、クリーナーを辞めてパターン仕事一本でいくことに決めたわけですが、またいろいろと状況が変わりつつ、5月から私の次の学校のコースが始まって、労働時間の規制が始まる前にできるだけ仕事をしてほしい、などという先方の意向もあって、まだまだ忙しい日々は続きます。

●ショップの自社ブランド
シドニーのおしゃれエリア(?)の1つ、Bondi Beachにセレクトショップを構えるファッションブランドのマネージャーA氏から、私のお仕事広告を見たとのことで電話があり、すぐinterview(面接)へ。

続きを読む
posted by miyuki at 12:15| Comment(2) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

パタンナー歴10年

先日、ブログを始めて10年が経過した報告をさせていただきましたが、それは同時に、私がパタンナーという職業に転職して10年が過ぎたということでもあります。
ロンドン留学の前後や、帰国して実家でシドニー行きの準備をしていた期間とか、仕事としてパターンをやっていなかった時期は時々ありますが、10年も経ったのかという不思議な気持ちです。

続きを読む
posted by miyuki at 17:04| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする