2008年03月20日

HIROKO HAYASHI

革アイテムブランドの「HIROKO HAYASHI」について。

デザイナーは元ファッションモデル。
骨董通りのお店の看板とショッピングバッグには、彼女がハンドガンを構えているモノクロ写真(下の画像左側)が使われています。ご覧のようにカッコイイです。
hiroko hayashi cards.JPG

昔はアクセサリーや手袋といった小物も作っていたそうですが、最近はバッグと財布・カードケースが主な取り扱いで、他にTシャツなどを少々といったところのようです。定番が何型かと、シーズン毎に新作が出ます。
このブランドの魅力は何と言っても特殊な加工を施した革製品の数々。他では見られない面白い加工がされていて、「人とは違う」個性的な一品を探している人にはおすすめのブランドです。

価格帯はカードケース、財布類が12,600円〜、
ポーチ、バッグが5〜16万円。
全く手が出ないほど高くはありませんが、かといって(庶民にとっては)いくつも集められるほどのお値段でもないかな・・・。
ただ、これだけ凝った加工をしている割には良心的な価格だと思います。
取り扱いは青山本店の他、日本橋三越等の百貨店、BEAMS等のセレクトショップなど。
私は青山本店にしか行ったことがないのですが、各百貨店では限定商品などもあったりするようです。

定番アイテムは、ボタン柄の「ERENDHIRA」、ステンレス風透かし彫りの「GIRASOLE」、シンプルな「LEO」など。
定番素材のアイテムも、内側の革や素材、仕上げが少しずつ違っていたりするので、買う側にとってはそれも選ぶ楽しみだったりします。

私は定番「ジラソーレ」の黒のカードケースと、シルバーの二つ折れ財布を所有しています。
hiroko hayashi box.JPG

hiroko hayashi inside.JPG

こちらのシンプルな財布もしばらくは使っていたのですが、使っているうちにタブが邪魔に感じられるようになってきて結局ジラソーレのに買い換えました。ぱちんとタブで留められるのが、安心感があっていいような気がしたのですが、開けたときに引っかかるのが(私は)使いづらかったです。

青山本店の行き方。
地下鉄各線表参道駅が最寄り。B1出口から地上に出て直進、横断歩道を渡って左へ。ニッカウヰスキービルの真向かい。

営業時間11:00〜20:00
私は普段、買い物に行っても販売員さんとはまず会話しない人間なのですが、ここではいつもスタッフの方から新作の説明をしてもらったりしています。きさくで親切な方ばかりなので、是非商品について気軽に質問して、いろいろ話を聞いてきてください。
posted by miyuki at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | FASHION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック