2017年03月03日

最近のシェアハウス事情

ご無沙汰しております。
あっという間に3月になり、今のシェアハウスに引越してきて8ヶ月目に入りました。

最近はだいぶ涼しくなりましたが、急に激しい雨が降ったり、またさっと青空が戻ったりを繰り返す変なお天気。
季節の変わり目の「typical Australian weather(典型的なオーストラリアの空模様)」だそうで。長く暑かったシドニーの夏もそろそろ終わりです。

2月末のさわやかな日曜日、何と8時間半にも及ぶ長時間停電が発生。
この日、仕事のため6時半に目覚ましをセットしていながら、いつものように勝手に6時頃目が覚めた私。
すると私のプリンター(勝手に電源が入ったり切れたりする。その度お知らせの音が鳴る)がお知らせの音を鳴らし、近所の家からも何か異常を知らせるアラームが。その時点では、またプリンターが勝手に起動したよ、と思っていたのですが、トイレに行くと電気がぼんやりとしかつかない。キッチンに行くとキッチンの照明もぼんやりとしかつかないし、ポットの電源も入らない。あ、停電か。でもお湯沸かして、仕事に持って行くお茶と、朝のコーヒー作りたい。
なのでガスで鍋にお湯を沸かし、それをケトルに入れ替えてお茶のマグとコーヒー(粉+ペーパーフィルターで淹れてます)に。パンもトースターは電源がなくて使えないので、時間はかかったけどフライパンでオリーブオイルトーストを1枚ずつ3枚作って無事朝食できました。その頃には完全に停電。まだ他の住人は起き出していなかったけれど、仕事なので出発。
昼過ぎ、大家のKennyに携帯メッセージを送って(復旧しているものと思いつつも念のため)復旧したか尋ねると「Not yet, still waiting」とのこと。えー、もう7時間も経ってるよ。
幸い気温23度程度でうす曇りの快適な日で良かったものの、まず冷蔵庫と冷凍庫の食料の心配をしました。
帰宅してしばらく経った午後3時半、私のプリンターが音を鳴らして電源が入ったことを知らせてくれたので復旧が分かりました。はー、長かった。

シドニーに来て以来、3度目の停電ですが、これだけ長かったのは初めて。日曜日だったから?うちのあるエリアと、少し離れたエリアとが停電していたみたいですが。
でも停電より断水の方が不便な気がする。停電しても水道やトイレは使えるけど、水が止まったらどっちも使えない。電気の代わり(ガスや懐中電灯)はあっても、水道の代わりはないからかなあなどと考えてみたり。

さて、シェアハウスの住人は相変わらずです。

Paulaは悪い子ではないのだけど、何度注意しても外出、帰宅の際玄関のカギを閉め忘れる、裏口のドアを施錠し忘れる、「スペインではレストランで働いてたの」という割にはトイレのあと手も洗わないし(海外で暮らしていると、トイレのあと手を洗わない人が多いことにびっくりします)、毎日朝から晩までリビングのソファーを独り占めして、そして何をやっているのかと思いきやFacebookか、音楽をかけているか、チャットアプリで遊んでいるか、くらい。
常に音楽をかけていて、時には結構な声で一緒に歌っている。それを録音してたり、あるいは音楽に合わせてリビングで踊っていたり・・・。
特に聞きたくもない音楽+決して上手ではない歌を朝の早い時間(まだ寝てる人いるよ!)であろうと、夕食後のリラックスしたい時間(もう寝てる人いるよ!)であろうと関係なく聞かされ続けるこっちの身にもなってくれ。
電話の声も大きいし、しかもキッチンのドアを開け放して喋ってたり。うちは静かなシェアハウスなので、自室でドア閉めて、静か目にしゃべってくださいな。
それだけでなく、Jimによると、Jimの戸棚からツナ缶やインスタントコーヒー、ラップなどのいくつかが誰かに盗られたらしい、とのこと。”誰か(someone)”ったって、誰かは明らかなんですが。
よく言えば自由奔放なのかもしれないけど、正直なところ、もう何とかしてくれこの子、って感じ。

何より問題なのは、彼女のビザは就労が許可されていない観光ビザなのに、お掃除の仕事を始めてしまったことでしょうね。
しかもそんなこと堂々とうちらに言わんといてくれ。早いとこ学校を決めて申し込んで、学生ビザに切り替えるべき。
しかし本人は「まずはお金が必要なの。だからお金を稼いで、それから学校を決めてビザを取る。みんなそうやってるよ」としれっとしている。
JimがKennyから仕入れた情報によると、スペインからPaulaの彼氏が来る予定になっているらしく、彼氏が来たら2人で一緒に住むべくうちから退出するらしいのですが、いつになることやら。
ともかく、次はちゃんと常識のある大人に入居してもらいたいです。

Kennyは相変わらずドアの開け閉めが乱暴。本人は乱暴なつもりはないのかも知れないけれど、何せ他の3人は静か目に開け閉めしているので彼のやり方は耳障り。
先日、初めての掃除当番をしてくれましたが、全然きれいになっていない・・・。バスルームの鏡は洗剤の跡が残って白く曇ってるし、床も掃除されたらしいとはいえ、髪の毛(主にPaulaの)がまだまだ残ってるし、キッチンの足元マットは散乱したままだし。
Jimもそのあたりを見て「”やり直し!”って、部屋の扉に張り紙しとこうかな」なんてご不満そうでした。床はともかく、鏡はそのあと私がキレイに磨いときましたけどね。曇ってるのなんてやだし。
大家がこんなんで、うちらはどこへ苦情を持っていけばよいのやら。彼は出ていく予定もないしねえ。

最近在宅で仕事していることがほとんどなので、どうしても家に居る他の住人の生活態度に文句を言いたくなってしまうのかもしれないけれど、そろそろデザイナーさん宅でのお仕事が始まる予定なので、外に出るようになるとだいぶ気にならなくなるかな。
お仕事の話はまた今度書きまーす。
posted by miyuki at 16:26| Comment(0) | LIFE IN AUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。