2016年12月08日

L⇔Rのヴォーカル 黒沢健一氏死去

昨日、いつものように何気なくまとめサイトを見ていてこのニュースを知り、びっくり、ショック。何でー!嘘やーん!ってシドニーの部屋で繰り返す私・・・。
まだ48歳。若すぎます。

一番お気に入りでよく聴いたアルバム『LOST RARITIES』


私は高校生の頃に彼らの曲に出会い、それから解散までずっとファンでした。掲載があった音楽雑誌はほとんど全て買って熟読、ラジオ出演があれば可能な限りチェック、アルバムは全部持っていたし、ファンクラブにも入って、コンサートには確か2回行きました。

私にはL-Rの曲はどこかアメリカの香りがして(アメリカに行ったことはありませんが)、ドライブに、彼らの曲は欠かせない。車の中でいつも歌ってました。
妹を乗せてL-Rの曲をかけると「miyuki姉ちゃん、またL-R?」とウンザリされた記憶が。
私の青春時代(?)をともに過ごしたバンド。でもバンド解散後は情報を追っていなかったので、脳腫瘍で闘病中だったことも全く知りませんでした。

健一さんはシンガーとしても素晴らしかったけれど、特にメロディメーカー・作曲家として卓抜していたと思います。The Beatlesファンの彼らはよく「ever green」という表現を使いましたが、今改めて彼らの曲を聴くと、発表してから20年とかいう歳月が流れてもなおキラキラとまばゆく、あるいはパワフルで、色褪せない。これからも折に触れ、私は歌ったり思いだしたりすることでしょう。

いろいろ書ききれませんが、特に好きな何曲かを貼って、弔いとしたいと思います。健一さん、安らかに。

(I WANNA) BE WITH YOU


君に虹が降りた


恋のタンブリングダウン-TUMBLING DOWN-


BYE BYE POPSICLE - 一度だけのNO.1
posted by miyuki at 07:27| Comment(2) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はknockin on your doorしか知らないけど、弟とよく歌ってたな。
あまりに早いよね…残念です。
Posted by mikon at 2016年12月12日 20:12
mikonちゃん
コメントありがとう。ここしばらくずっとL-R聴いてるよ。
48歳という年齢が身近なものになってきたから余計に悲しいね。ほんとに残念。寂しい。
Posted by miyuki at 2016年12月13日 08:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。