2016年09月15日

一時帰国前の縫い物

ご無沙汰しております。9月になり、シドニーはぐっと気温が上がって日も長くなってきました。
学校も仕事も忙しくないのに更新が滞っているのは、一時帰国前に縫い物仕事に追われているため(汗)。

5月頃だったか、「せっかくやし何か作るわー。何がいい?」なんて自分から言い出して妹たちからリクエストを取ったものの、引越しもしたし取りかかるのが遅かったので、今頃になって焦ってます。
現時点で完成したのは、姪っ子(3歳)+甥っ子(2歳)にジャージのパンツ各2着づつ、姪っ子(小5)にギャザーロングスカート、妹に同様のギャザーロングスカート、友人に頼まれたピンタック+フリルとギャザーのブラウス。
そしてあともう1人の姪っ子(高2)にバッグを作ろうと予定しているものの、自分用に1つ試作中で、それが上手くいってからお土産用を作ろうかなどと悠長に構えております。

合間に、知り合いに頼まれてジーンズの裾上げx5本したり。
shorten jeans hem.jpg
自分用にパンツも作ろうかなと裁断までは済ませてみたり(写真撮り忘れました)。

今回からミラーレス一眼カメラOlympus PEN Lite E-PL 5で撮った写真です。撮影してる私がまだ全く初心者なので、写真自体はこれまでと大して見栄えは変わりませんが、折角なので大きく表示されるようにしてみました。

ま、裁断まで済めばあとは縫うだけなので、各数時間ずつですぐ済む(はず)なんですけど、今のシェアハウスの住人は皆夜が早いので、遅い時間にミシン作業ができないとか、必要なものを買い忘れていて予定していた分ができなかったりとかで、気が付けば残すところあと半月。やってしまわねば。

リビングのテーブルが広くて裁断にぴったり。パンツのパターンも十分入るので、今はもう部屋の床でせずここで裁断してます。
cutting.jpg
ガラストップなのではさみの音が響くのがちょっと困るけど、床で作業に比べると格段に楽。
cutting lining.jpg
姪っ子のバッグは外側が黒、内側はこんな、カラフルな羽根プリントにしました。

今回のバッグには本革の持ち手を付けようと、試行錯誤でレザー用の厚紙パターンを作り、裁断して縫い合わせているところ。
leather handle.jpg
52cmの持ち手が入るような大きい革を買う余裕がないので、これまでちまちまと集めてきたレザーの端切れを使うことに。どうせパッチワークになるのなら、ちょっとデザイン性を持たせてみようと、三角の切り替えにしました。

まち針が使えないのでメンディングテープで仮押さえしてみた。が、レザーの表面によってはネバネバが残ってよろしくない。テープ貼っても貼らなくても、上手くいくときは上手くいくし、ずれるときはずれる。
接ぎ合わせて52cmにした後、裏に綿テープを合わせてミシンステッチで合体。が、素材によっては皮が伸びる!目打ちで送ったりしてどうにかつじつま合わせて縫い合わせた結果、直線の綿テープに対し、ほのかに蛇行した持ち手が完成・・・。レザーは針跡が残るのでほどいて縫い直すことができません。
・・・レザー初挑戦なので、四苦八苦。でも面白いです。

明日、カンガルーレザーの色に合うステッチ糸を買いに行ってきます。予定していたものは何とか完成させられそう!一時帰国まであと2週間。楽しみです♪
posted by miyuki at 18:50| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。