2016年07月21日

引越し後のシェアハウス近況

7月9日に引越して2週間ほど経ちました。

現在の住人状況

Room1 / 私: 7月9日入居。pattern maker/student。学校には週1回のみ登校、仕事は主に自室でするため、常にほぼ家に居る。
Room2 / Clint: 7月17日入居。40歳のtipper driver(ダンプカーのドライバー)。オーストラリア人。第一印象はハンプティダンプティ。オージー英語が早くてなかなか聞き取れないが、気さくないい人。仕事時間が不規則なためか、うちにはほとんど居ない。
Room3 / 現在空室。大家の2人はmiyukiのために女性が入ってくれることを期待しているが、男性からしか問い合わせがなくて困っている。
Room4 / Jim: 7月19日入居。train driver(電車の運転士)らしい。笑顔が素敵な中近東系オーストラリア人。40歳そこそこくらいと思われる。香水過剰なのがちょっと困りもの。

Jimが入居するまでの10日ほどの間、夜は私1人でした。シドニーに来て以来、ずっとシェアハウスで誰かが居る状態で暮らしてきたので、安全なエリアとはいえ、一軒家に一人っきりとは何だか変な感じでした。近くの公園にたむろしていると思われる、コウモリの鳴き声がやけに大きく聞こえたりして。

その他
Patrick: 当シェアハウスのオーナー。家のメンテナンスを主に担当。香港出身。障がい者施設で働くnurse(看護人)。うちから車で15分くらいのところに住んでいるらしく、シフト勤務のため今のところほぼ毎日やってきて何かと作業している。
簡単な電気の配線やら塗装など、日曜大工的なことの大半を「Youtubeで勉強した」といってこなしてしまう。きれい好きで働き者。気さくなおじさん。
Kenny: Patrickの息子。家賃やキッチン道具の手配などを管理。ABC(Australia born Chinese=オーストラリア生まれの中国人)と思われ、英語と広東語のバイリンガル。彼が設定したwifiのパスワードから1979年生まれと推測。うちから車で10分足らずのところに住んでいる。フルタイムの仕事をしているが、土日は時々顔を出す。

Snow: 隣家の飼い猫。ふさふさの白い毛に覆われていて、なおかつ真っ青な目が印象的な美人猫。
うちの前庭の噴水跡(?写真参照)にたまった雨水を飲みにほぼ毎朝やってくる。私が外に出るとすり寄ってくるが、私よりは私達の家に興味津々らしく、半開きのドアに手をかけ、開けたいそぶりを見せるものの、しまいには体当たりして逆にバタンと閉めてしまったりしている。
snow.jpgsnow let me in.jpg

ClintとJimは家にあまり居ないからか、キッチンに割り振られた収納スペースにも冷蔵庫内の棚にも、まだ何も入っていなくて、新品の大きな冷蔵庫は私1人が使っている状態。ま、気楽でいいけれども、ケーキ作ってシェア!なんてのはもう少し先になるかなあ。

相変わらずランドリーの工事は進行中で、時々塗料のニオイなどが屋内に充満してます。少しずつ進んではいるものの、ウオータープルーフの塗料が乾くのに24時間かかる×3層分とかで、まだまだかかりそう。

とにかく静かなので、この前まで住んでいた駅近の、交通量の多い道路の真上の部屋に比べるとストレスフリーって感じ。落ち着いてパターン仕事できる。
今度は、引越して以来張り切って取り組んでいる、自炊の証拠写真でも載せたいと思いつつ、撮るの忘れてすぐ食べちゃうからなあ・・・。
posted by miyuki at 22:04| Comment(0) | LIFE IN AUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。