2016年07月13日

引越しました

先週末に無事引越しを終えました。
土曜日に入居する旨伝えると、「レントは月〜日の区切りで払ってほしいんだけど・・・じゃ土日分はなしでいいよ。Free!」なんて言ってもらい、ボンド(入居時に預ける保証金みたいなもの。特に問題がなければ通常は退去時に全額返却される)も、4週間分と言われていたのを2週分でいいよと言ってくれたりと、かなり融通きかせてくださいました。

内改装されたばかりのunfurnished room(家具類が備え付けでない部屋)だったため、ベッドに加えて勉強机と椅子を入れてほしいと頼んでいたところ、予想に反しておしゃれなガラステーブルの机が。ちょっと不安定で、普通に字を書いてるだけで少々揺れるのだけど。
desk.jpg
ま、パターン作業でトレースするのに必要だから、白い紙敷いてしまいましたが。広くて作業しやすい。
椅子はパイプ椅子だったのだけど、リビングの椅子が気に入った様子を見て、大家のPatrickが「その椅子がいい?じゃ部屋のと取り替えていいよ」なんて言ってくれて。パイプ椅子は腰痛になるからなあ。

キッチン道具もなんだかんだと用意してくれていて、トースターとサンドイッチプレスはオーストラリアブランドBrevilleの立派なもの、$100(約8,500円)の蓋付フライパン、$138のステンレス片手鍋、$49.95の値札付き、レザーの持ち手付のおしゃれなまな板などなど・・・。
私は当面、持参した$5のフライパン、$1のまな板、$8の片手鍋を使わせてもらおうと思ってますけど。
これにブレンダー(ジューサー)が加わると、夏には楽しいけどなあ〜♪
living.jpgkitchen.jpg

4部屋の家ですが、「誰を入れるか慎重に選んでいるから」という理由から、私以外の入居者は2人決まって、あと1部屋残っているとのこと、しかも入居もぼちぼちらしく、土曜日に引越してきて今日まで、今のところ私の一人住まい状態。日中はPatrickや水道屋等々が作業していて誰かが居るのだけど、夜は一人。
シェアハウスではこれまで散々同居人に悩まされてきたけれど、いざ一人で暮らすとなるとなんだか寂しいような気分になるから、勝手なもんです。

私の部屋は前庭+道に面しているものの、家の前の道はno through road(行き止まりになっている道)なので、基本的には住人の行き来しかないという静かな環境。

bathroom door.jpg
メインバスルームの扉がコレ!初めて見たこんなの。しかも古いからちょっと建付けが悪くて、初回は出られないかと思ってしまった(汗)。
現在、ランドリーを改造して予備のシャワー+トイレを設置する工事が進行中。オーストラリアなので「soon」とか言っていても、ほんまかいな、いつやねんって感じですが、そこはオーナーが香港系中国人だからか、段取りが早い。Patrickは毎日ちょこちょこ来て、電気の配線やらペンキ塗りやら自分でやってる。
ちょっとお節介なところはあれど、働き者で気安くていい人です。彼はここには住んでいないのだけど、何かと頼もしい。良かった良かった。

room and ceiling light.jpg
私の部屋には天井の照明に扇風機っていうか羽根がついています。
他の部屋も、それぞれ少しずつ違ったアンティーク調の照明がついていて、なかなかおしゃれです。
ただ、ここへ来る前に住んでいた、アパートメントの部屋に比べると部屋の中は暗め。一軒家だとどうしても窓や屋根の具合から日光の差し込む角度が低くなるようで、これは仕方ない。そういうのを差し置いても、静かで快適かつ平和な環境を選んだので。

とりあえず毎日何か、簡単なものでも、広いキッチンで落ち着いて料理できるのが今の楽しみです。他の住人も暮らし始めたら、お菓子を作ってシェアできるー。まずはバナナケーキかな。で、オーブンで作るカスタードプディングに、レアチーズケーキ。ご飯系のパンも作ってみたい。早く来い来い他の住人〜〜。
posted by miyuki at 19:03| Comment(0) | LIFE IN AUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。