2014年06月11日

The World Press Photo 2014

World Press Photo(世界報道写真展)2014に行ってきました。
場所は去年と同じくState Library。同じく入場無料で。
日本でもちょうど今、東京都写真美術館で開催中のようですが、一般800円ですって。この違いはどこから来るのやら。オーストラリアあるいはNSW州が出資してるってことかなあ・・・。
world press photo 2014.jpg
ともあれ、写真展です。例によって電子辞書片手にじっくり見て回りました。
この1年間に起こった出来事を振り返る良い機会でもあります。

フィリピンを襲った台風ハイエン、ボストンマラソンでの爆発事件、ナイロビでのショッピングモール占拠事件、ネルソン・マンデラ元大統領の死去・・・
バングラデシュでの縫製工場含むビル倒壊事故現場の写真は、劣悪な環境で、低賃金での労働を強制された人達の作った服が、安価で市場に出てきている・・・ファッション業界の一員として、こういう人達のことを忘れてはいけないと再認識しました。

中東の紛争やらテロやらの陰に隠れがちな、南米の麻薬カルテルが絡んだ殺戮の横行というのも実はひどい。
対抗組織に対する見せしめ・脅迫のため、死体を一般道に放置した背筋が寒くなるような光景の写真。
Victims-of-Organized-Crime.jpg©worldpressphoto.org

インドの、アルビノ(先天性色素欠乏症)の少年を捉えたこの写真は、静かだけれど、強く訴えかけるものがある。
Blind-Indian-Albino-Boys.jpg©worldpressphoto.org

きれいだな、と思ったのはシンクロナイズドスイミングの選手を捉えたこの白黒写真。美しい!
world swimming sports.jpg©worldpressphoto.org

今回は、悲惨な写真は少なかった気がするけれど、大賞作品もちょっとインパクトに欠けるかなあ・・・。
しかし久しぶりに美術館に行ったので、つかの間、非日常な時間を楽しめました。
posted by miyuki at 18:11| Comment(0) | ARTS&EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。