2013年11月12日

音楽雑記

気がつけば今年も残り1ヶ月半ほどで終わる・・・。今年はライヴ2回しか行けなかった、と思ってたら、去年も2回しか行けてなかった。うーん、シドニー・・・。

そういえば、先日Guardian Australiaに”シドニーの音楽事情”ってな記事があって、おもにライヴ会場の少なさについての内容だったのだけど、メルボルンとシドニーとの違いについて「シドニーの住人は好きなミュージシャンの演奏を聞くために、見知らぬ会場へ行くが、メルボルンの住人はお気に入りのライヴ会場へ未知のバンドの演奏を聴きに行く」って表現してあって、なるほどーと思いました。いや、メルボルンには行ったことがないんだけど、より”カルチャー”な街だという噂なので。
元記事「Live music action plan to put some rhythm back into Sydney nightlife

White Rabbits "Percussion Gun"


SpotifyでThe Shins Radioを聴いていたら流れて来たこの曲。
White Rabbitsとは誰ぞ?と思ってネットで検索。
2007年にデビューしたアメリカのバンドで、ヴォーカル・ピアノ、ギター・ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムス、パーカッションという6人編成だそうな。普段、3人とか4人とか(+サポート)っていう程度のバンドを見慣れているせいか、男6人ってすごい”大勢”って気がするけど。
2012年にはThe Shinsとツアーをしたそうで、なるほど。
ヴォーカル君が、こんな高校生みたいな雰囲気でこんな風に歌うのに、ギターじゃなくてピアノを弾くという意外性が良い。
世に溢れる、キーボードやらストリングスやらを使って盛りだくさんに装飾された楽曲達に比べると、とてもシンプルな曲だなあと思ったのだけど、それゆえ力強くて耳に引っかかる。
他の曲はそれほどでもなかったけど、この曲はすごくカッコイイ。

Keane活動休止
『The Best of Keane』を11/11にリリース後、しばらくの休息期間に入るそうです。
私にとってデビュー当時からずっとファンで、アルバム4枚全部持ってる数少ないバンド(あ、ミニアルバム『ナイト・トレイン』持ってないけど)。
なのにライヴは1回しか見る機会がなく、またライヴに行きたい!と思っていたのに活動休止のニュースはちょっと悲しいです。
昔はこういう発表を聞くと、えーそんなこと言わずにファンのために活動続けてよ−。なんて思ったものでしたが、今は、そうだよねぇ、たまには息抜きしないとしんどいよね、なんて思えるようになりました。私も大人になったってことか。

ベストアルバムに収録される新曲「Higher Than The Sun」

ビジュアルが、これまでのアルバムを色や形でさりげなく表現していて面白い。
ゆっくり休んで、また帰ってきてねー。
posted by miyuki at 16:57| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。