2013年09月25日

PANDORA Internet Radio

PANDORA Internet Radioに最近はまってます。
PANDORAとは、自動化された音楽再生プログラム。ユーザーが指定したアーティスト、ジャンル等に基づいて、傾向が似ている楽曲を再生してくれます。
このブログを始めた頃(7年くらい前)に、確か一時利用してましたが、いつの間にか日本では視聴できなくなって、それっきり忘れてました。が、最近友達が話題にしたこともあってふと思いだし、また聴くようになりました。
現在ではアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドでのみ視聴可能だそうです。
Facebookと連動した機能とか、いろいろあるらしいのですが、まだあんまり活用してません。プロフィールもprivate(非公開)のままだし。
pandora.png
面白い(?)のは、1日のうちにスキップできる曲数の制限があるらしく、それを超えてスキップあるいはdislikeボタンをクリックすると
"Sorry about that. When this track is over, we'll never play it again on this station"
(申し訳ありません。この曲が終了したら、今後このステーションでこの曲は二度とかけません)
というメッセージが表示されます。なんかこれが、「ごめんなさい、もうしません」みたいに思えてちょっと可笑しい。

また、しばらく何もリアクションしていないと再生がストップし、
"Are you still listening?
We pay for the songs we play, so we try not to play to an empty room"
(まだ聴いてますか?我々は再生する曲に対して料金を払わなければなりませんので、誰も聴いていない所へ曲をかけるのを避けています)
こんなメッセージが表示されます。「I'm still listening」というボタンがその下に表示されているので、それをクリックするとまた再生が始まります。
このメッセージを見た時は、お金の話を持ち出さなくても・・・とか思ってしまった。

私は今のところ

The Shins
The Cure
Arcade Fire
Bastille

の4station作ってます。

お気に入りはBastille。
知っているミュージシャンで好きなところでは、HURTS, The Temper Trap, Two Door Cinema Club, One Republic, Imagine Dragons, Of Monsters & Men, Keane, Ellie Goulding。
またMIKAからThe Killers、American Idolのファイナリストまで出てくるのは何でだ?とか思ってしまうけれども。
知らなかったバンドでよさげなのはThe Cinema, Carolina Liarなどなど。
これまでUKのラジオばかり聴いてたし、あまり積極的にUK以外の音楽を聴いてこなかったけど、こうやって先方が勝手にかけてくれる音楽の中からアメリカのいいバンドも発見できる。アメリカにもいいバンドあるんだーなんて、(当たり前かも知れないけど)嬉しい驚き。

The Shins RadioはThe BeatlesからPhoenix、Coldplay、Radioheadまでいろいろ。私はRadioheadが始まると、もれなくスキップボタンをクリックしてしまう。別に嫌いではないんだけど、彼らの曲は、私をハッピーにはしてくれないというか・・・。
困惑するのがThe Cure Radio。どうやらpop, British, 80's等々いろんなキーワードが働くようで、すごく広範囲にわたっていろんなミュージシャンの曲が流れる。Depeche Modeはいいとして、The Smithは、私はあんまり・・・。結構「??」ってなのも多く、skip回数も多い。

また全てのRadioをshuffle再生もできて、シャッフルもなかなかいい。
普通のラジオと違って、今流れている曲の情報が的確に得られるのと、気に入ればもっと調べることも出来るし、似た音で新しいミュージシャンとの出会いもある。とりあえずしばらくPANDORAを聴き続けていそうです。
posted by miyuki at 11:10| Comment(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。