2013年06月10日

震災復興支援「one love」チャリティ・バザー

東北復興支援のチャリティバザーに参加してきました。
友達を通じて5月の始め頃に「One Love」立案者のSさんのことを知り、”何か技術のある人募集中”ということだったので、私は縫い物くらいしかできないけど・・・とか思いつつSさん宅を訪ねたところから始まりました。
Sさんもチャリティ活動をするのは全くの初めてらしく、他に裁縫関係で参加する人がいなかったようなので大いに喜んでいただき、ちょうど丹後の友達から出発時に持たせてもらった縮緬のはぎれがあったので、それでリバーシブルの巾着を作って提供することにしました。
あとは募金箱を作ったり、また端切れでランチバッグ作ったり・・・。売り上げは全て東北の震災復興支援募金へ行きます。
他にはヘアカット、眉カットサービス、クラフト教室、バザーの品物も洋服から雑貨、食品等々様々。
このイベントに参加することで、他のシドニー在住日本人の皆さんと知り合いになれるというのも特典って感じ。

ちなみに私の縮緬巾着はバザー当日より少し前に納品したのだけど、フェイスブック上で紹介してもらったところ、バザーの日を迎えることなく数日で完売してしまいましたとさ。ま、7つしか作れなかったし、完売は有り難いけどちょっと寂しかったりして。
chirimen bag.jpg

スタッフはエプロンを用意するよう言われたけど、エプロン持ってない・・・じゃ、作っちゃえ。
名札があった方がいいという意見あり・・・じゃ、これも作ってしまおう。
apron and name plate.jpg

当日は自分の商品(と、言っても縮緬巾着が完売したので、端切れで作ったランチバッグしかないけど)含めて手作りものコーナー+バザーの品物を売るテーブルを任され、店番。姉妹で参加してた地元のフリマ思い出すなあ・・・。

お客さんはやはり日本人がほとんどだったけど、近所の人もちらほら。
私も、会場近くに住んでいる友達に声をかけたところ遊びに来てくれて、私のランチバッグ買ってくれたり、あとはパタンナー友達と仕事の話に花を咲かせたり。他にも同じくパタンナーの方と知り合えたり、着物着付けの師範資格を持ってる方もいらしたり、カメラマンとか、美容師とか・・・。
この企画を通じてでなければ出会えなかったような人達と知り合えてとても良かったです。

当日はおいしいおでんやお寿司の販売もあり、特に2日目はしっかり宣伝したこともあってかなりにぎわいました。

私はDVD($2)とか、コート($5)とか買いました。お天気も寒すぎずでちょうど良かったし、スタッフ同士で雑談してるのも楽しかった。
結果として、2日間で$3,000以上の寄付が集まりましたー。
また今後も定期的にいろんなイベントを継続してやっていく予定なので楽しみです。
posted by miyuki at 14:51| Comment(0) | LIFE IN AUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。