2012年07月03日

コンビニアルバイト終了

スーパーのレジアルバイトと平行してやっていた、コンビニアルバイトが終わりました−。
日本でのおつとめ、全て終了!!

2月の終わり頃から、スーパーのレジアルバイトのない平日午前中に、何か掛け持ちでバイトしようと、職安で「コンビニは時間の融通がききやすい」と教えてもらったこともありアルバイトを始めました。
シフトは平日の2日間、朝7時から12時までの5時間。スーパーの方は平日は14:30〜21:30までだったので、12時にコンビニバイトを終えて家に帰り、昼ご飯食べてスーパーへ、という11時間勤務の日もあったり・・・。

仕事の内容的にはスーパーと共通するところも多いし、お客さんの多さや買い物の量、忙しさはスーパーの比ではないので、まあ気楽にやってました。ただ、スーパーのレジさん達に比べて若いスタッフが多いせいか、他の人とはあんまり、いやほとんど雑談もせず黙々と仕事するって感じはあったけれども。

レジ打ったり、品出ししたり、陳列棚の商品を整えたり、揚げ物作ったり、ゴミを片付けたり、入荷した商品を検品したり・・・。
予想と違って、コンビニのお客さんはスーパーのお客さんより行儀がいいと感じました。
働いていたコンビニは住宅街にあって、どちらかというと常連さんが多く、かたやスーパーは1日に大勢を相手にするし、車で2時間くらいの距離をやってくるお客さんもあるという違いはあるけれど。
適切な表現ではないかも知れないけれど、コンビニの方がお客さんの顔をみて接客する感じがあるというか。
とりあえず、殺気立ったりはしてなくて、そういう点でもだいぶ気楽だった。

ここで、面接→そのまま採用だったのですが、そのとき最初に言われたのは「期限切れのお弁当類の社販はありません」ということ。
お店(=オーナーによる)によってはスタッフがもらって帰ったりできる店もあるらしいのですが、ここでは全部ゴミ箱行き。もったいないなーと思ったけれど、ルールなので仕方ない。

そして、それ以外にも驚くことがいっぱい。
マイナスのレジ違算が出たときは、その時間帯シフトに入っていた人で自腹弁償するっていうのが一番びっくりしました。多分、法に照らし合わせるとよろしくないと思われるけれど、慣例になっているみたい。プラスの違算が出たときは募金箱行きです。
ちなみにスーパーの方では違算は報告のみで自腹なんてことはしませんが、高額の場合はちょっとした研修があり、また高額違算が一定期間に連続して発生したらレジ業務から外されます。

あと、私は実際にアルバイトを始めるまでコンビニではあまり大金を扱わないと思ってました。
だからコンビニ強盗の話とか聞いても、強盗するほどのお金があるんか??って思っていたけれど、バイトを始めてみてその謎(?)が解けました。”収納代行”というやつです。
通販代金や公共料金など、納付書にバーコードさえついていれば、コンビニで払えるという代物。
あれが結構高額のが来る!
5月頃は自動車税の納付時期で、39,500(普通車)×枚数分って感じで万札が次々やってくる。
通販とかでも時に高額な伝票とかあり、普段のレジでは数百円とか、Edyで支払いとかそんな感じなのに、万札を何枚も渡されると緊張。
レジ台の中に万札が増えてきたら、スタッフの中でお金を扱える人が、定期的に店内のATMから送金(?)とかされていたみたいでした。
夜間は店員さんも1人になる時間帯があるし、強盗が狙い目をつけるのも分かる気がする。

ほかにも、お総菜(店内で調理する揚げ物等)でミスすると自腹です。
肉まん落として自腹、チキンを落として自腹、揚げ物を焦がして(設定時間間違えた)自腹・・・と、まあミスした自分が悪いんだけど、よく失敗して弁償させていただきました。
私はあの、トングっつーやつが苦手らしい。上手く扱えない。いっそ菜箸使わしてくれと言いたくなる。

休憩時間も制服着たまま。控え室で店内監視カメラを見ながらで、レジが混んできたら休憩中でも店に出て手伝わないといけないからあまり休憩したって実感がない・・・。気が休まらない。
あ、でもコンビニは、制服のクリーニングは店側でやってもらえた。退社の時も、長袖から半袖に替わるときも。スーパーでは自費だったけど。

ゴミを片付けていて困るのは、家庭ゴミの持ち込み。ゴミだけ捨てに来る人もいたりするし・・・。
おっきなダウニーの空き容器が突っ込まれていたときは怒りを通り越してあきれてしまった。こいつのせいで、ゴミ箱の1/3が占領されてたっつーの。
あと、さらっと読んですぐポイしたらしき、漫画・雑誌・新聞の類。あー、もったいない。せめて資源ゴミに出したいとか思ってしまった。

そうそう、何処のコンビニでもポットのお湯は自由に使えると思うのだけど、結構中が汚かったりするので要注意!
私がいた店のポットは割と古くて、蒸気の吹き出し口のところが変質してぼろぼろになってて、そのカスみたいのが中に入ってました。忙しくてなかなかそんなとこまで気が回らないしねぇ・・・。

接客業に向いていない自覚のある私ですが「いらっしゃいませ、こんにちはー。新発売の○×△、いかがでしょうかー」の、後半部分がなかなか言えなかった。なんか、押し売りみたいで。
よそのコンビニに行ったりした時、大きな声で積極的に声を出してるスタッフのいる店では、いやぁ、活気があるなあ、店員さん、笑顔だなあとか思うのだけど、自分は全然できない・・・。

確かに時間の融通は結構きくので、副業的にするにはコンビニアルバイトはいいと思います(時給は安いけど)。1日3時間だけっていう人もいたし。

ま、ともあれ終わりました(出発ぎりぎりまでやってたわけです)。
始めた当初はスーパーとの価格差に驚いたけど(コンビニで120円の缶コーヒーをスーパーでは66円とかで売ってたりする)、コンビニは情報の最先端だなあと実感。あと、これからの高齢化社会では、一人暮らしのお年寄り需要がもっと増えるだろうなあとも思いました。
posted by miyuki at 15:43| Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。