2012年07月02日

きものまわりのいろいろ手作り

着物を着始めてからというもの、いろいろと欲しい小物が出てくるんだけど、高い!気に入るのがない!
なんてことばかりなので、手の出そうなものから手作りに挑戦してみました。
買うと割高なものたちだけど、作ると身近なものでまかなえたりするしかなり安くあげられる。そして楽しいv

・半衿
han eri.jpg
基本は白無地だけど、私の着るカジュアル着物になら柄物とか異素材とかでもOK。
とりあえずシドニーに持って行くのはこの3枚。
ストライプ地をバイヤスにカットして、しっかりさせるために芯を貼ったものと、パステルカラーのプリント地と水色のコットンドビーは、端切れを買ってきて適当なサイズ(最小で16cm×50cmくらい)にカットし、周囲をロックミシンしたもの2枚。他にも白無地に刺し子っぽい刺繍をしてみたりもしました。

・がま口ポーチ
gamakuchi 1.jpggamakuchi 2.jpggamakuchi 3.jpg
がま口って初めてだけど、なんだか作ってみたくなってネットでいろいろ作り方を調べて挑戦してみた。
中綿挟んで作るというのも初めてだったけど、ふっくらしてヨシヨシ。でもなんか小さくなってしまって、ちょっと使いづらい・・・かも。作ったきりで使ってないけど。
小さい方は小銭入れにでもしようと作ってみた。こちらはがま口の金具に合わせたパターンを使用。
ポーチの方はパターンがなかったので、少し小さいサイズのがま口用のパターンから展開、トワルも作って挑んだのに小さくなってしまった。たはは。私的には失敗作ではあるけれどカワイイんちゃう?とか思って自己満足。

・箸袋
hashibukuro.jpghashibukuro2.jpg
手持ちの箸袋を参考に、余り布で。ループエンドは気に入るのがなかったから、普通にビーズアクセとか作る用のパーツを使いました。
表は着物・羽織地で内側は襦袢地・裏地。着物をほどくと大量に布が出来るから、その余り布で。
裁断・縫製は簡単だけど、正バイヤスになるから生地が安定しなくてちょっと縫いずれた。でもいい感じに出来たと思う。
こーゆうのこそ、作って分かる原材料費の少なさ。”正絹の箸袋”なんて、買うときっと高いよねぇ・・・。

・羽織地のバッグ
kimono bag.jpgkimono bag2.jpg
着物に合わせられるバッグがないなあ・・・でも買うと高いし・・・。ってことで、羽織をほどいて作ってみました。
手持ちのバッグを参考にしながら、A4サイズ程度で・・・と思ってみたものの、着物って生地(反物)の幅が36cm程度しかないからちょっと予定より小さくなってしまった。縫い代が3mmくらいのところもある(汗)。まあ着物姿であんまり大きいバッグを持ってもねぇ・・・ということで。ファスナー付きのバッグを作るのは、よく考えたら初めてかも。
持ち手は本革(1,280円)のを手縫いで縫い付け。共布とかで作って挟み込もうとしても、私のミシンはそんな厚みのあるものが縫えないので・・・。
これも中綿を挟んでふっくらさせてみました。底は着物用の衿芯(綿100%でしっかりしている)を2枚重ねて中袋の底に縫い付け。
うーん、仕上がりにはいろいろと不満が・・・。中綿挟むと寸法がずれる(裁断・縫製が下手なのも原因だけど)。
でも、シドニーに持って行きます。

・巾着
kincyaku.jpg
ホームステイ先のファミリーへ、何かおみやげを・・・と思って、「簡単・安上がり・私ならでは」ということで着物の端切れで人数分の巾着を作りました。箸袋の残りのアジアンコードを紐にしたんだけど、色によってちょっと短くなってしまった・・・。

手作りとは違うけれど、染色に挑戦。ちょっと薄汚れてきた足袋と、刺し子してみたものの気に入らなくて解いて、針跡が残ってしまった半衿(素材不明)を染めてみました。
使ったのはDylon Coldという、水で染められる染料。イギリス製ですv
実際にはお湯を使うのだけれど、とりあえず鍋でぐつぐつしなくてもよいという代物。
dylon1.jpg・足袋・半衿・染料等
手順としては
@染料をぬるま湯で溶かす
Aフィックス(定着剤)と塩をぬるま湯で溶かす
B染料と定着剤をバケツ等の容器で混ぜ合わせ、染めるものを入れる
C10分もみ洗いするように混ぜ、その後50分つけ置き
D良くすすいで乾かす。
私は「50分つけ置き。ただしムラになるのを防ぐため、ときどき攪拌」というところを全く”放置”してしまったため、結構ムラムラに・・・。
dylon2.jpg
ま、でもしっかりLeaf Green色に染まりましたよ−。所要時間は1時間半くらい。
鍋にお湯を沸かしてバケツと洗面器で染めました。すすぎは、ほんとは「水で良くすすいだ後、中性洗剤で湯洗い」なのだけれど、お風呂の残り湯でちゃっちゃとしてしまいました。
ちなみに、半衿はポリエステルだったのか、全然染まらなかったのでボツ。
手軽で楽しかったので、また何か染めてみたいなあ。そのときは放置ではなく時々攪拌して、ムラを防ぐのを忘れないぞ。
posted by miyuki at 16:14| Comment(0) | KIMONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。