2012年07月01日

世界報道写真展2012

東京都写真美術館にて開催中の、世界報道写真展に今年も行ってきました。
今回は展示写真の点数が少なかった・・・?いや例年と変わらないのかも知れないけれど、何というか良くも悪くも印象に残る写真があまりなかった気がする。
今年の大賞はこちら。
world-press-photo-of-the-year-2011.jpg
中東のイエメンで、反体制デモの最中に傷ついた息子を抱きかかえる女性。
カダフィ氏の遺体写真、スウェーデンの無差別殺人事件の現場写真などは、あぁこんな事件があったっけと思い出されました。
東日本大震災の写真もありました。ここにある、数点の写真ではとうてい語りきれない惨状でしょうけれど・・・。
stephanie-sinclair.jpg
あとは、幼すぎる子供達(8歳とか13歳とか)の結婚、角目当ての密猟による殺戮からサイを守るため、獣医によってあらかじめ角を切り落とされるサイの写真とかには、いろいろ考えさせられました。
posted by miyuki at 21:24| Comment(0) | ARTS&EVENTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。