2011年12月13日

今年の総括<ライヴ編>

日本に帰ってきてからは全くライヴに行けなかったので、イギリスで行った分だけ・・・。
(感想日記にリンクしてます)
1/21 Manic Street Preachers@O2 Brixton Academy London
2/3 HURTS@HMV Forum London
2/23 Shockwave NME Awards 2011@O2 Brixton Academy London
3/10 The Boxer Rebellion@Heaven London
5/21 The Hoosiers@The sugermill Stoke-On-Trent
o2 nme.jpg
こうやって書いてみると、ロンドンに住んでいただなんてなんだか遠い昔のことのように思える・・・。
ライヴそのものはもちろん、チケットを手に入れるまでのあれこれ(購入はクリック1つでできるけど、イギリスでは紙のチケットを受け取るのが大変)、会場の雰囲気やその他のファン、会場へ行くまでの道やドキドキ感とかも含めて、ロンドン生活の一部でもありいい思い出です。

Manicsの、私にとっての初単独ライヴは、とても楽しみにしていた割には今となってはあまり印象に残っていないかも・・・。ハズレないステージを見せてくれたってことなんだけど。活動休止だ何だといろんな情報が飛び交ってるけど、どうなるのやら。

HMV FORUMで見たHURTSは格好良かったな〜。イギリス留学中に5回も見たHURTS。この日は2度目の単独だったわけだけど、前回見たO2 Shepherds Bush Empireより大きな会場で、大勢のファンと一緒に盛り上がれた。2階席だったのが失敗したけど・・・。

NME Awardsは、あんなに大がかりなイベントだと期待してなかった、というか予備知識が全然無い状態で見に行ったから、すごく楽しめた!見に行けて良かった−。英語がもっと聞き取れたら、受賞バンドのコメントとかもっと理解出来て、もっと面白かったんだろうけど・・・。

The Boxer Rebellionは、体調不良だったからあまり憶えていないのが残念。特に照明が悪くてドラム君が見えなかったのが残念だわー。

帰国間際にストークまで旅して見に行ったThe Hoosiersは、ライヴそのものはさておき、私にとってはとにかくイギリスで一番の思い出とも言っていいくらい。行って良かった。Irwinに会えて良かった。一緒に撮ってもらった写真は宝物ですv
最近はThe Sea And Iと称してソロでも演奏しているIrwin。バンドとしては来年4月にギグの予定が入ってはいるけれど、制作途中の3rdアルバムはどうなってるんだ!?このまま消えていったりしないでよー、とちょっと心配ではあるけれど、今後も応援し続けます。

一体いつオーストラリアに行けるのか、そもそも本当に行けるのか?と、自分の未来が不確定な現状では、ライヴに行く予定も何も全くありませんが、これからもUKロックのファンではあり続ける・・・んだろうなあと思うと同時に、それ以外にもっと好きなもの、熱中できるものを見つけないと、いつまでもイギリスに未練を残したままになっちゃうなあとも思う・・・。
posted by miyuki at 09:14| Comment(0) | GIGS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。