2011年09月12日

音楽雑記

久しぶりに音源を購入したりしたので、ちょこっと書いてみます。
・Gypsy & The Cat  
gypsyandthecat.jpg

オーストラリア出身のデュオGypsy & The Cat。MGMTとかと同様な”エレクトロ・ポップ”などと形容されていたりするようだけど、私にはMGMTより断然聴きやすくて分かりやすい。エレクトロ色は薄め(?)で、明るく軽やかでドリーミーなポップ。ちょっとJellyfishとかイメージする感じ。
アルバム『Gilgamesh』を例によって7digitalで購入。


「Time To Wander」のミュージックビデオは、LondonのCity(市中心部の金融街)から、テムズ川南岸、Tate Modern前の堤防というか遊歩道というかに向かって、おかしな格好したダンサー(と思われる人)達が集まってくるという構成。楽しそうな雰囲気が良いと思う。あと、ロンドンを象徴する物がいっぱい出てくるから懐かしい。
赤いロンドンバス、Tube(地下鉄。座席シートの色から推測するにCentral Lineかな)、”LITTER(ごみ)”と書かれたゴミ箱、Millennium Bridge、Saint Paul大聖堂・・・ 。

・2Cellos
クロアチアのチェロ奏者デュオ2Cellosこちらの記事が詳しいと思うのでリンク貼り付け。チェロでロックの名曲をカバーしたアルバム『2Cellos』日本盤が今月21日にリリース予定。


雑誌で紹介されてるのを見て、面白そうだな、ついでに男前だし。ってんで、動画を探して見てみた。アルバム買うほどじゃないけど、面白い。
私にとってチェロ奏者といえばヨーヨー・マで、外国人チェロ奏者の独演会というのも聴きに行ったことがあるけれど、チェロって寂しい音を出す楽器だと思ってた。でも、この2Chellosの動画を見てると、(当然なんだけど)寂しいばかりじゃないし、自由な楽器だなあと思った。
Nirvanaの「Smells Like Teen Sprit」演奏してる動画貼り付けてみる。なんかスゴイ。これ見たとき、この人達は、使ってる楽器はチェロだけど中身はロックミュージシャンだなあと思った。

2CELLOS Cover Nirvana Classic "Smells Like Teen Spirit" Live On SiriusXM Pops


・あとは・・・Hard-Fiの新作は、ウェブで視聴してみたけどあんまりインパクトなかった。Kaiser Chiefsのアルバムも結局買ってないし。
Xfm聴いてると、Kasabianの新曲が結構よく流れてる。あとNoel GallagherとかArctic Monkeysとか・・・。
気がつけば夏フェスシーズンも終わっちゃったしなあ。

書店で久しぶりに音楽雑誌立ち読みして、CROSSBEAT10月号で、NANO-MUGENフェスで来日してたManicsのジェームスとASHのティムが対談っていう記事が良かった。特にジェームスの”いい兄貴っぷり”が格好良かった。

posted by miyuki at 19:40| Comment(2) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジ、ジプシー!!
せっかく予習も兼ねて聞いていたのに、サマソニでは一番手の出演だったりで間に合いませんでした。。涙。
みゆきさんも聞いてらしたんですねー
なんか懐かしい感じしますよね。
また日本に来て欲しい…。

みゆきさんはオーストラリアに行ったら現地で見れるかな?
ライブご覧になった際は感想よろしくです!
Posted by こひつじ at 2011年09月17日 00:03
こひつじさんへ
いやいや、私はサマソニのレポとか読んだ後で聞き始めましたので、全く出遅れてます。
このPVだけはだいぶ前に見てたんですけど、そのときはなぜかピンとこなかったんです。
確かに、どこか懐かしい感じはしますね。
このタイミングでオーストラリアのバンドに出会うっていうのも偶然のような必然のような・・・。
ライヴも是非見てみたいです。
Posted by miyuki at 2011年09月17日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。