2011年08月26日

福井・芦原温泉旅行

ご無沙汰してます。すっかり更新が滞ってますが、元気に週7勤務生活続行中です。
8月の休みは結局4日間のみ。そのうち2日は芦原温泉へ家族で行ってきました。
立ち寄ったところは福井県立恐竜博物館、越前松島水族館、そして東尋坊。姪っ子達も一緒だったので、こーゆうメニューになりました。

写真で簡単に報告。
福井県立恐竜博物館は新しくて大きく、じっくり全てを見て回ろうとするとかなり時間がかかったかも。動く恐竜模型に怯え気味の姪っ子達は、恐竜自体にさほど興味がないようだったし、我々大人も結構歩き疲れて、全部は見れなかった。個人的にはこーゆう博物館は好きなので、また機会があればじっくり見に来てもいいかも。
dinosaur.jpgdinosaur2.jpg・写真はどちらも特別展のもの

ホテルへ行く道中で越前竹人形の里というところへ。
工房見学もできたけれど、姪っ子が「行ったことがある」というのでパス。
大人はコーヒー休憩したかったのだけれど、館内のレストラン兼喫茶は、我々が到着した15時半の時点ですでに営業終了。仕方なく、入り口外の自販機のコーヒーで一服。
店員も愛想なかったけど、新しくなったばかりという建物で、ショップは品揃えも良かった。
私はここで、昔の道具をプリントした手ぬぐいを購入。裁縫道具と台所道具の2種類あって、私はもちろん裁縫道具。
tenugui.jpgtenugui2.jpg

さて泊まったホテルは「まつや千千」というところ。
新館と旧館があって、宿泊料はもちろん違うのだけれど料理は同じということで、旧館に宿泊。
どっちに宿泊してもお風呂(大浴場)は同じで、新館のお客さんは浴衣の柄が違うので分かった。
ここは無料でお抹茶のサービスと温泉卵作り体験が出来たので、もちろん両方ともお風呂の帰りに利用してきました〜。

さて2日目。
越前松島水族館はかなーり残念な感じだった。まず敷地が狭くて施設もかなり古い。いくつかは、最近新しく増設したっぽい建物もあったけれど、古い物はかなりくたびれていて水槽の展示室も薄暗く、昭和・・・?って感じ。新旧入り交じった建物が点在する敷地内をうろうろ歩かされる割には、中身は薄い。あれで大人1,800円はぼったくりやで!とぶつぶつ言ってしまった。
ま、子供はイルカショーとかペンギンの水槽を見て、喜んではいたけれど。
aquarium.jpg
あと、私と妹はドクターフィッシュ(古くなった皮膚の角質層を食べる魚)に大騒ぎ。妹は2回目と言ってたけど、私は初体験。手しか入れられなかったけど、すぐ魚が集まって真っ黒に!すべすべになったのかどうかも分からないけれど、面白かった。あー写真を忘れてる。

東尋坊は歩いて絶壁の上から+遊覧船で側面から、と見てきました。
東尋坊に行くのは2回目だったけど、こんな間際まで来たのは初めて〜〜。
tohjinboh2.jpgtohjinboh.jpg・写っているのは私の足
あと、ここの土産物屋で、なぜかこちらの扇子を購入。
handy fan.jpg
いやー、外国の友達にプレゼントしたりしたら面白いかなあと思って。420円と安かったし。
しかし落ち着いて考えると、別に買わなくても良かったかも・・・。

1日目は福井県に竜巻注意報が出たくらい、一時激しい風雨に見舞われたけれど、2日目はどうにか晴れてくれて良かった。
ただ、いろいろたくさん食べたなあという気はするんだけど、そんなに印象に残るような旅行ではなかったなあ・・・。
posted by miyuki at 20:16| Comment(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。