2011年04月03日

学校修了

4月1日にて24週間(6ヶ月)の語学留学のコースを終了しました。
最初の頃、日本からの荷物(留学宅急便)を受け取るために1日休んだ以外はGeneral Englishの授業は全て出席(午後のConversation&Pronunciationのクラスは何回か風邪等で休んだ)。それでもついて行くのに必死だったけど。
クラスを4段階移動した=4人の先生に教えてもらったけれど、昔から先生運がいい私はみんなそれぞれいい先生だった。
特に最後のクラスで担当になったBenは手際よく丁寧に教えてくれる一番好きな先生で、担当が彼と知ったときにはすごく嬉しかったけれど、同時に短期間しか授業を受けられないのが分かっていたから残念だった。

ほとんどの語学学校はもう少しおおざっぱなレベル分けがされているらしいけれど、私が通った学校はIntermediate(中級)が5段階に分かれていました。
私はPre-Intermediate Plusに入学、Term(学期)の途中でIntermediateにmove up、Term終了時のテストに合格してIntermediate Plusにmove up、またテストをパスしてUpper Intermediateに2週間だけ通ったところでコース終了、という6ヶ月でした。

どんなことを習ったかというと・・・

「Pre-Intermediate Plus」
・ComparativeとSuperlative(比較級と最上級)
・Present Perfect(現在完了形)
・Preposition(前置詞)

「Intermediate」
Pre-Intermediate Plusで習ったことに加えて
・1st・2nd・3rd Conditional(仮定法)
・Adverb(副詞)
・Modals(命令、禁止)
・Reported Speech(会話を第三者に伝える方法)
・Phrasal Verbs(熟語)

「Intermediate Plus」
Pre-Intermediate Plus、Intermediateで習ったことに加えて
・Past Possibility(過去における可能性)
・Quantifiers(数量詞)
・Future Tense(未来形)
・Articles(a・theなどの定冠詞)

「Upper Intermediate」
Pre-Intermediate Plus、Intermediate、Intermediate Plusで習ったことに加えて
・Past Simple、Past Continuous、Present Perfect、Present Continuous(動詞の時制)
等々

こうやって書いていて思い出したけれど、文法に関する基本的な英単語を知らないまま留学したから、最初の頃はちょっとしたことが「?」と分からなくてそのたび辞書で調べたりして余分な時間を使ってた。
noun:名詞、verb:動詞、ajective:形容詞くらいしか知らず、auxiliary verb:助動詞とかpast participle:過去分詞とかの名称は覚えるまでちょっと時間がかかった。

とにかく、どのレベルでも扱っている内容は大差ないけれど、どれだけ掘り下げるかっていう違いだったと思う。
そして、Upper Intermediateまできて再確認したことは、動詞の時制(tense)が一番難しい、ということ。どのレベルでも繰り返して学習するし、もう英文法の極意はこれに尽きるんじゃないのかと思うくらい。
特に現在完了形と過去完了形については、中学・高校英語で習った内容とかなり違う、というか当時の理解ではとうてい及ばない使い方をするということを知り、目から鱗が落ちる思いだった・・・。

ざっと解説すると

1.I lived in London for five years. 
2.I have lived in London for five years.
3.I had lived in London for five years.

1は、Past Simple(過去形)。
過去形は
・すでに終わっていること
・人生のある一時期
等々を言うときに使う。
つまり「昔5年間ロンドンに住んでいました=今は住んでいない」

2は、Present Peerfect(現在完了形)
私は「昔ロンドンに住んでいたことがありました」という過去の経験を語っていると思っていた。
が、これは「現在ロンドン在住5年目です=今も住んでいます」という意味。I'm living in London. I'm in London. I have been in Londonも意味は同じ。

3は、Past Perfect(過去完了形)。実はこの文章では不完全。
過去完了形は、過去のある時期から、さらにそれ以前のことを語るときに使う。なので
When my friend moved to Liverpool, I had lived in London for five years. 等、過去形と一緒に使う。
過去に起こった出来事を語るとき、それ以前に起こった出来事を表すときに使う(過去の過去)。なので常に2つのことを語るときに使う。
過去完了形の使い方も留学で初めてちゃんと理解した気がする・・・。なるほど、そういうことかー、と。

他にも受動態あり、未来完了進行形なんてのもあったりで、しっかりマスターするのに一体何年かかるんだろうって目眩がしそうだけど、忘れないようにしっかり復習して、実際に使うことで身につけていこうと思います。

あと機会と時間があれば、同じことをいろんな人からいろんな表現で教わるとわかりやすいかも。
教える人によって切り口、方角が違うから、一度習ってしっかり理解できなくても別の人の違った側面からの解説だとすんなり理解できたりするので。

私にとって語学学校での6ヶ月は、ほんとに英語の勉強をしに行った、という感じだった。あんまり積極的に友達作るっていうのでもなかったし、若い子が多かったり、日本人同士でつるむのを避けていたから。でも遊びに来ているわけじゃないんだから、と思ってその分勉強は頑張ったつもり。でも6ヶ月間じゃ全然しゃべれるようになんかならないね、当然だけど。日本語でも元々おしゃべり好きでもないし・・・。
私はとにかく話す・聞く能力が低いからそれの上達と、あと新聞・映画を無理なく理解できる程度の語彙力を身につけたい・・・。
posted by miyuki at 05:23| Comment(2) | STUDY IN THE UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
学校修了、お疲れ様です★
すっごく真面目に取り組んでいらして頭が下がります〜
きっと有意義な学校生活だったと思いますよー

私は今年は旅行はしないつもりでしたが、偶然が重なって今年はアイルランドのフェスに行くことになったので、前より英語に触れるようにがんばりたいなあと思います!
みゆきさんは夏フェスとか予定いかがです?
Posted by こひつじ at 2011年04月07日 00:55
こひつじさんへ

今の私は勉強が仕事!と思って頑張ったつもりです。でも毎日みっちり英語と向き合っていた日々から離れると、またすぐ忘れそうです・・・。

夏フェス行かれるんですね、うらやましいです。
私はビザが6月1日で切れるので、その後の予定は全く白紙の状態です。現在就職活動中でして、運良く労働のビザが取れれば引き続き滞在できますが、何せ昨今のビザルールは非常に厳しいので、ビザが取れなければ帰国しなくてはなりません。
Posted by miyuki at 2011年04月07日 05:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。