2011年03月04日

近況

3月が始まり、早いもので学校のコースは残り1ヶ月となりました。
そして学生ビザの期限=イギリス滞在出来る期限まで残り3ヶ月。
イギリスに着いた当初から今日まで、ビザのことを考えない日はないというくらい常に心配の種で、そして考えるだけで憂鬱になってしまうものでもあります。
例えるなら、部屋に途方もなく絡まった毛糸玉があって、思い出しては手にとってほぐそうとするんだけれども、どうしてもほどけなくて、そしていつも諦めてまた放り出してしまう。でも毛糸玉は部屋の片隅にずっとあるから、常に視界に入っていて気になって仕方がない・・・そんな感じ。

と、ビザの話を始めると暗くなるのでこの話はまた今度、ということにして、写真で近況をご報告。
例によって食べ物の写真ばっかりだけど・・・。

以前にも書きましたけど、同居の韓国人奥さんが時々夕食をお裾分けしてくれます。
これはおっきなトンカツ2枚+韓国風味噌汁(ちょいスパイシー)。
dinner1.jpg

こちらは手作り餃子。上3つは中身がキムチ。下2つは豆腐+野菜。
dinner2.jpg

実は私、辛いものはとても苦手。トンカツにもソースとか不要な人なんですけど、好き嫌いは全くないのでどれもおいしくいただきました。
でもキムチ餃子はかなり辛かった!鼻水+額に汗しながら食べた・・・口がひーひーふーふーって感じ・・・。
度々気を遣ってもらって申し訳ない。しかし彼ら夫婦の食事時間がかなり標準とずれていて(午後4時くらいに昼食とか)、このトンカツが出てきたのはなんと夜9時半。夕食はあんまり食べない私にはかなり重かった・・・。
そして今、フラットに電子レンジがない。それだけが不便・・・。

こちらは私の好きなミュージアムWellcome Collection内にあるカフェのもの。
wellcome cafe.jpgwellcome cafe2.jpg
キッシュ・ミートパイ・ソーセージロール等の温かいパイもの1品+サラダ2種のセットで£6.95。私はアールグレイティー£1.3をつけて合計£8.25。
これはおいしかったです。パイもサラダも種類がいろいろあったので、カフェだけでもまた利用したい!

学校の近くにある小さなカフェで、Full English Breakfast。
parsons green english breakfast.jpg
ホテルの朝食ってイメージのイングリッシュ・ブレックファストですが、カフェでは1日中提供しているお店が結構あります。
これは紅茶かコーヒー付きで£4.95。おいしかったけど、よく考えたらこのEnglish Breakfastというメニューが、内容からしておいしくなったところで限界がある構成だなあと思いました。だって目玉焼き(ひねりようがない)、トマト(単なるグリルしたトマトだし)、ベーコン(ここのは結構塩辛かった)、ソーセージ(イギリスのソーセージは皮は固めなのに中身は脂こくて柔らかいという、シャウエッセンみたいなソーセージとはかけ離れた代物)、ビーンズ(ベイクドビーンズの缶詰を開けて温めただけ?)、トースト(白パンか胚芽パンかを選べた程度)。

他にもプレートランチやケーキのメニューもあったので、またいろいろ試してみようと思います。
ここには、午後のクラスで会ったフランス人の男の子と2人で来たのが最初で、カフェの後「一緒に公園かミュージアムに行こう」と誘われたっけ。しかし全くそんな気がなかった私はすげなく「うちに帰る」といって帰ってしまったのでした。ははは・・・。

先日初めて利用したBethnal Green駅のホームで発見。Undergroundマークで文字盤+針が出来てる時計。
tube clock.jpg
うーん、もうちょっと面白い写真を載せられれば良かったんだけど、TUBEの駅は他にも個性的な絵が描いてあったりするところがいっぱいあるのでまた探検してみたいです。
posted by miyuki at 05:42| Comment(0) | LIFE IN THE UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。