2011年01月19日

語学学校の個性豊かな学生達

たまには気軽な話題でも。
私の通っている語学学校は学費が安いところが売り。なので世界中から学生が集まってきています。

国別の割合で言うと、
韓国・ブラジル・タイが特に多く、続いて
フランス、日本、トルコ、スペイン、コロンビア、モンゴル、台湾、パキスタン、ドイツ、ベネズエラという感じ。
珍しいところではロシア、マリ共和国、スロバキア。
不思議と中国、ベトナムの生徒の噂は聞かない。中国人はきっともっとお高い学校に行ってるのかな、と妄想する。
あと、なぜか弁護士志望の子が多い気がする。他には学校の先生がホリディ取って3週間だけ勉強に来てたり、母国では医者だった、なんて子も。
私は割合からの推測か、韓国から来たのかと聞かれることが多いかも。ヨーロッパの生徒にしてみれば、日本と言えばテクノロジーの国、らしい。
そして中国人の話をするときはみんな自分の目の端を引っ張って細目を作ってた・・・。

個性的な生徒を何人かご紹介。

韓国人僧侶:スンニー34歳。
最初のクラスで一緒だった生徒。しばらく前に卒業していったけど、剃髪でいつも僧服を着ていて、背も高かったしとても存在感があった。
でも気さくな人で授業中も積極的に発言してたし、くだけた性格でたくさん友達がいた。長く一緒に勉強したクラスメートが卒業していく時には、韓国から持ってきたと思われる、小さいお守りをいつもプレゼントしてあげてた。
しかも彼は母国語の他、台湾の生徒とは中国語でそこそこ会話をこなし、日本好きとのことで日本語も結構話せた。そして英語もIntermediateレベル。いやー、見習わねば・・・。

タイ人モデル:ミック29歳。
最初、午後の会話のクラスでのみ顔を合わせていた彼女。背はそんなに高くないけれど、すっごく細くて足も長いし、モデルみたいな子だなあと思っていたら実際にモデルだった。ただ、ショーモデルとしては背が低いことやビザの関係もあってイギリスではエージェントに登録してはいるけれど、普段はギャラの出ない仕事をしているらしい。私がインターンシップでファッションデザイナーの所に行っている、という話をした所からいろいろ話すようになり、「モデルが必要だったらいつでも言ってね!ギャラはなくてもいいの、経験といい思い出のために是非機会があったらさせて欲しい」と言っていたのが、当時バイト代が出なくて悶々としていた私には印象的だった。いつも元気いっぱいでタイ人生徒同士だとさらによくしゃべってる子だけど、実はお料理や編み物が好きという一面もある。
今は午前のクラスで一緒。最近はスタイリストの勉強も始めた、とのこと。きゃぴきゃぴしてるけど努力家だと思う。

フランス人:シャーロット。
赤いめがねとわさーっと広がった金髪ボブが目印の生徒。午後の会話のクラスで一緒になり、ひょんなことから彼女の好きなバンドOne Night Onlyを知ってると言ったらそれ以降よくしゃべるようになった。ハリー・ポッターの熱烈なファンで、プレミアで俳優を一目見るため寒い戸外で6時間も待ったという話を聞いたときはびっくりした。おしゃべり好きで明るく、気さくな子。
ただ、彼女の英語は今まで聞いたどの英語よりも聞き取りにくい!!!フランス語なまりなんだろうけど、さらに日本語で言うところの「えー」とか「あー」とかが挟まって、単語の区切りがない。納豆のような、あるいは皿うどんのような英語。先生にも結構聞き返されてるし、かなりしゃべれる子なんだろうけど、はっきり言って2割くらいしかいつも分からない。校内で私を見かけるといつも笑顔で声をかけてくれるし、教室では隣に座ってくれるんだけど、ごめん、言ってること全っ然分かんないんだよー。

トルコ人:ヒルミン。
1月からのクラス替えで同じクラスになる前は、時々合同授業になる同レベルの別クラスの子だった。若いんだろうけど、セーターにシャツといったちょっとおじさんぽい服装とがっしりした体型、生徒とは思えないくらい落ち着いて堂々とした態度が印象的ですぐ憶えた。
別に仲良くしゃべった訳でもないのにウインクとかしてくるし、こいつは絶対イタリア人だと思い込んでた・・・。
そして同じクラスになったものの、ヒルミンという名前の響きが日本語の「ヒロミ」を連想させるのか、名前と本人が一致するまでは「ヒルミン」という生徒はずっと女の子だと思ってた。で、彼は「ダニエロ」だと思ってた。だってイタリア人だと信じて疑わなかったから。でも本物のダニエロはブラジル人の可愛い男の子だった。
相変わらず堂々としていて他の子とは雰囲気が違う感じ。おかげでなんか緊張して、まだあまり親しくはしゃべれない。

で、名簿を見ていて気づいたんだけど、他のトルコ人生徒も男の子は「ハーカン」「ヤシン」とみんな最後がNで終わるのは特徴なのかな。あ、でも「サミュエル」もいたか。
そしてトルコ人生徒は女性も含めてみんな目元がきりりと鋭い!鼻筋も通ってるし、黒髪とも相まって目力すごいです。
午後の授業で一緒になるヤシンはスリムで小柄で男前。私の隣に座ってきたとき、ふわっといい香りがしてそれにくらっときたわー・・・って、これって本来なら男性の台詞のような気がするが・・・。彼は英語がまだ初心者だから、会話がはかどらないのがもどかしい。とはいえ、thingも辞書ひいてたくせに「Are you married?」はさらっと出てきたのはどうしてかな??
ともあれ、ちょっとトルコに興味出てきたこの頃の私。

学校から駅までの途中、庭木に花が。
flower 17jan.jpgflower 17jan2.jpg

桜に見えた。まだ1月なんだけど、先日ちょっと気温が上がったから、早まって開花しちゃったのかしら。
イギリスでは1月が最も寒い月らしい。少しずつ春が近づいて来てるのかな?
posted by miyuki at 07:43| Comment(0) | STUDY IN THE UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。