2010年12月22日

行きつけのカフェからChristmas Cardをもらいました

タイトル通りです。いや、びっくりしました。
学校の後にスタジオへ行っていた頃、お弁当としてサンドウィッチを作ったりパスタを持って行ったりして学校で食べていたときもあったのですが、毎日はできなくて、週に数回は駅近くのショッピングモールに入っているカフェで遅めランチすることがありました。

イギリスではおなじみのカフェチェーンCOSTA CAFEが好きで、ポイントも結構たまるし、このショッピングモールの店舗は書店とつながっていて寒い外気が入ってこないし、ご老人が多かったりと他所より落ち着けるので気に入ってよく利用してました。
その数週間前から、1人のアジア系女性がレジに入るようになったのには気がついてました。名札から、日本人だというのもすぐ分かりました。他には「Hello, Maddam. May I help you?」と元気よく声をかけてくれる小柄な白人女性、中央アジア系のスリムな男性あたりがいつも見かける顔ぶれ。

その日も普通にサンドイッチとカフェラテ+プチスイーツをオーダーして席で食べていたところ、この店員さんが「失礼します。日本人の方ですよね?」と話しかけてきました。
驚きつつもそうですと答えると、マネージャーさんから、ということでクリスマスカードを渡されました。
えぇっ!?私に?ひょっとして常連になりかけてるのかしら?とか言うと、やっぱりお店の方にも憶えてもらっていたようで、日本人の方なら渡してきて、とかいうことになったそうな。
xmas card costa.jpgxmas card costa2.jpg

何だかよく分からない理由だけれどもありがたく受け取りました。
その日本人店員さんとも少し会話したのですが、彼女は学校のコースを終えてPost Study Work(略してPSW)というビザで働いているそう。ここのアルバイトは彼女の専門ではないらしいけれど。
驚き+初めての人と話す緊張等々で、当のマネージャーさんがどなたなのか確認するのをすっかり忘れてしまったため、カウンターにお礼というか挨拶に行くことが出来ないままお店を後にしましたが、いやー、こんな経験初めてで驚きました。
でも嬉しいです。イギリスはカード文化の国だから、こういうことがさらっとできていいですね。

もうスタジオに行くために遅めランチをする必要はなくなったけれど、またカフェラテをいただきに行こうと思います。
posted by miyuki at 03:55| Comment(0) | LIFE IN THE UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。