2010年11月14日

学校その後 クラスの移動

学校が始まっておよそ1ヶ月が過ぎ、先日クラスを移動しました。

前の週の金曜日に小テストがあり、そこでの点数が良かった生徒が上のクラスに移動する、というもの。
元のクラスはPre-Intermediate Plus、今度のクラスはその上のIntermediate。
入学当初から、どちらかというと私には楽なクラスだなあと思ってはいたものの、なかなかSpeakingがついていかなくて、しばらく様子を見てから上のクラスに上がるのか、そもそも上がれるのかを考えようと思っていましたが、月曜日にテストの返却、答え合わせがあり、そこで先生から移動の話が出ました。

そして69点満点のテスト(100点満点じゃないところがイギリス・・・?)で51点以上だった2人が移動することになりました。

元のクラスは大体15〜17人くらいが出席、多いときは20人くらいにもなり、しかも半数がアジアン、さらにその大半がコリアンという比率でしたが、火曜日からの新しいクラスは14人くらいでスパニッシュが多いという構成。
さすがに皆さん会話もしっかりしてるし、辞書も要所要所で取り出す程度。今度は女性の先生で発音は多少アメリカ英語寄りかな。毎日宿題が出て、授業も割とぽんぽんと進む。あー、これまでのクラスはのほほんとしてたなあと実感。
でも、以前のクラスなら「miyukiは来月、上のクラスに移動しないの?」と言いたいのだろうけれど「miyuki・・・November・・・upper class?」程度しか話せない子もいたことを思えば、力のある生徒と話すのはかなりやりやすいという気もするし、まずは毎日宿題を忘れずこなすところから、とにかく頑張ります。

話は変わりますが、先日コリアンの生徒に言われて気がついたこと。
電子辞書を使っているのはアジアン生徒のみらしい、という傾向。
言われてみれば、日本・韓国・台湾・タイの生徒は、見る限り100%電子辞書あるいは携帯電話の辞書アプリを使用していて、それ以外の国の生徒は普通の辞書を持ってきている様子。
なんだかおもしろいお国柄だなあと思いました。
posted by miyuki at 05:33| Comment(0) | STUDY IN THE UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。