2010年09月12日

カフェで英会話 最後のレッスン

イギリス南部Kent出身のT君と、カフェで英会話をお世話になって約2年、とうとう本日が最後のレッスンでした。

前回、私のレッスンメモノートを「借りて帰っても差し支えなければ、これまでのレッスン内容を見直して、今後の英語学習に必要なポイントをまとめてくるよ」と言ってくれたので、是非!とお願いして託してありました。
そして今日、貸していたノートと共に、A4用紙1枚半にまとめたものをくれました。

まず、いつもT君が繰り返し言っていた、5つの要点

1.a/an/the + noun
 英語の、全ての普通名詞には必ず「a/an」或いは「the」がつくのを忘れないこと

2.SVO
 日本語と違い、英語は必ず主語・動詞・目的語が必要なこと。質問の答えでも、SVOで答えるのが丁寧

3.plural's'
 数えられる名詞で2つ以上になるときは必ず最後に's'が必要。
 ただし、イレギュラーな変化をする名詞もあるので要注意・・・例:one person. two people

4.past/present tense
 通常、ひとまとまりの文章、会話では時制は統一されていること

5.pronunciation
 発音に注意することで英語力はlistening, speakingそしてspellingにおいて上達する
 特にL/R、V/B、S/SHの違いに注意

なんとも丁寧な。学校の課題もあって忙しかっただろうに、ありがとう〜(専門学校の学生さんだから)。真面目な先生だ。T君に出会って、イギリス人にもマジメな人が存在するんだ、というのを知りましたよ。ははは。

その他の時間は、イギリス生活に関すること・・・おすすめの銀行とか、病院のシステムとか、EMS(国際郵便)についてとか。あと、履歴書のカバーレターの英文訳を添削してもらいました。

「miyukiは僕にとって、一番長く教えた生徒でした。ファッションショーに招待してくれたり、洋服の作りとかいろいろ教えてくれたりしてありがとう。そして、一度もレッスンをキャンセルしたり欠席したりすることなく来てくれてありがとう」
って言ってくれました。結構待ちぼうけでドタキャンされたりする生徒さんとかあるらしく、そういえば私はそういうことなかったな、と思いました。
私は引越のばたばたで、前の晩布団の中で「ハッ!最後だからせめてカードくらい書かなきゃ!」と思い立ち、出掛ける直前に短い文章をカードにしたためて、それを渡しました。
ケンブリッジ君含めて、何人かの先生にお世話になった”カフェで英会話”ですが、T君が一番良い先生だったよー。今までホントにありがとう!!

余談ですが、T君は、英語学習に於いてカタカナを使うことを嫌がる人でした。なぜならカタカナ表記にすることで、そのカタカナ読みに縛られてしまうから。
確かに、英語の発音ってホントはカタカナでは表せないはず・・・。
それを無理矢理日本語の発音に当てはめてカタカナ表記にしようとするから、例えば、だいぶ前ですがあるCDの広告で『Anywhere』を「エニィホエア」って書いてあったのを見たときは「!?!?」って思いました。
便利ではあるんですけどねー。なので最近は、私もなるべくカタカナは使わないようにしています。

発音もT君は何度も練習させてくれましたが、言われるように舌と唇とあごを使って話そうとすると、かなり疲れる。
日本語では使わないような筋肉を使うようで、「慣れるまでは大変かもしれないけど、はじめはなるべく大袈裟に発音するくらいでいいと思う」とのことでした。”日本人の話す英語”に慣れているT君になら通じても、ネイティヴの人には通じないこともあるかと思うので、私も大袈裟意識して頑張ろうと思います。

ついでに英語学習本を1冊ご紹介。
『簡単フレーズで話せる恋愛イングリッシュ』

簡単フレーズで話せる恋愛イングリッシュ

どこかのブログか何かでレビューを見て、「友人・恋人などとの普段の会話に使える表現が解説されていること」「イギリス英語であること」らしいので購入。珍しく、届いたその日に読破しました。

著者はイギリス滞在経験があり、実際の経験談など交えながら読みやすく書かれています。
私がいつも悩む「Hello, how are you?」に対するこたえの数々、お会計で「私が払うよ」という時の表現、初対面の会話で聞いてはいけないこと、もちろん恋愛のシーンで役立ちそうなさまざまな言い回しなどなど、楽しく読めました。
イギリス英語での場合を中心に書かれていますが、アメリカ英語ならこうなる、ということもちゃんと書かれているので両方とも勉強できます。これから英語を勉強しようとする人、海外留学を控えている人、外国人との恋愛ってどんな感じなの?と興味津々な人にもおすすめです。
posted by miyuki at 17:31| Comment(0) | ENGLISH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。