2010年04月27日

Stereophonics@Duo Music Exchange 2010.4.26

昨日のBritish Anthemsに続いて、ステレオフォニックスの単独公演に行ってきました。
フェスも含めてステフォ5回目のギグです。一番見に行ってるバンドだ。

19時少し前に会場着。すでに人でいっぱいの状態。
2階へも普通に入れたので上がってみると、前に2列分椅子席が設けてあったけれどそれ以外は後方に立っている人がいたのでそれに並んで立つ。いまいましい柱のせいでリチャードのマイクが完全に見えないけれど、それ以外はステージ全体が見渡せる。
フロアは満員御礼状態ですし詰めって感じ。外国人客も結構入ってる。
本国UKではアリーナクラスの会場を満員にしている彼らにしてみれば、今日みたいなキャパ1,000人程度の会場は、あり得ない小ささなんだろうな。私達ファンにしてみれば嬉しい限りだけど。
Stereophonics imusicstranger.jpg
15分程待って客電が落ちました。すーごい歓声と拍手!
今日もサポートキーボーディストさん含めた5人で登場。
ケリーは昨日と同じに見えるチェックのシャツ、アダムはテーラージャケットにTシャツ、ハヴィエはグレー系のTシャツ、リチャードは赤系チェックの白シャツ+ベストという出で立ち。

セットリスト

1.Live N Love
2.1000 trees
3.Bank Holiday Monday
4.I Got Your Number
5.Superman
6.Doorman
7.Uppercut
8.Stuck In A Rut
9.Mr. Writer
10.Maybe Tomorrow
11.Innocent
12.Have A Nice Day
13.My Own Worst Enemy
14.Trouble
15.Could You Be The One
16.Devil
17.Bright Red Star
18.Pick A Part That's New
19.Traffic
20.Just Looking
21.Local Boy In The Photograph

22.Bartender and The Theif
23.Dakota

昨日のセットに
+Bank Holiday Monday、Doorman、Stuck In A Rut、Have A Nice Day、My Own Worst Enemy、Devil、Bright Red Starが加わり、More Life In A Tramp's Vestが外れてます。
やー、「My Own Worst Enemy」は嬉しかった。聴けると思わなかったから。ド迫力の演奏とそれに負けないケリーのヴォーカルがめちゃくちゃかっこよかったです。
ほんとに一体ケリーの喉はどうなってるんだ!?ってくらいの声量。「Trouble」や「1000 Trees」ではすんごい声を聴かせてくれたかと思うと、「Maybe Tomorrow」では渋い声を、「Have A Nice Day」では軽やかなボーカルを聴かせてくれる。
「Innocent」冒頭の「Wo〜」はケリーの声なんだ、と昨日知った。現在もワールドツアー中だけど、連日よく歌えるよなあ・・・。
いや連日って言っても昨日と今日しか見てないけど。でもこのバンドがグダグダなステージをやるわけがない!と確信できるから。

昨日と同様、メンバーが終始とても楽しそうに演奏していたのが良かった。2階からは、一段高いところで叩いているドラマー・ハヴィエの笑顔がよく見えた。彼の笑顔はほんとに”破顔”って感じの素敵な笑顔だ。絶対いい人だよ、ハヴィエ。いやもちろん他のメンバーも!ケリーは今日もご機嫌な様子でいろいろしゃべってくれたし。

最後、「Dakota」の前には「もう9時だから行かなきゃなんないんだ」ってなことを言って腕時計を見る振りしたりして笑わせてくれました。そして「See you soon!」って言ってくれました。
終わって21時前。2時間近く演ってくれた−。

いやー・・・duoがこんなに歓声で揺れたライヴは初めてです。
本日は、昨日の「ステフォだ〜〜!!」という興奮が落ち着いた状態で、じっくりと楽しめました。
今回の来日は、(中途半端な規模の)フェス+こんな小さくて音響の悪い会場のギグだし大阪は結局キャンセルになったりと、プロモーターに対する不満も目にしましたけど、ほんと、来てくれるだけで感謝です。
すんばらしい時間をありがとうステフォ。そしてまた来てくれるのを待ってるよ!


I went to a Stereophonics gig on Monday evening at Shibuya.
The venue , called "Duo Music Exchange", is designed by Jamiroquai.
I don't like the venue because 2 thick pillars stand inside of it and the acoustics are bad.

Anyway, when I arrived at the venue a few minutes before the starting time, it was completely full.
So I gave up watching the stage on the groundfloor and I moved to 1st floor. It was a little bit far from the stage and the mic of the bassist was completely hidden by the damned pillar, but I was able to see the whole stage because it was a small-scale venue for about 1000 people.

The show started about 10 minutes past 7pm.
The audience gave the band enormous applause and cheers.
We were very lucky to see them at such a small venue because they usually play gigs at big stadiums, for example Wembley Stadium, Cardiff Centre Stadium etc.

They played as many as 23 songs for about 2 hours.
It was the fifth times for me to see their gigs, they always played almost perfectly. Even though the acoustics were bad, the lead singer sang powerfully. I think the singer of Stereophonics, Kelly Jones is one of the loudest singer in the UK.

Above all things, it was nice that the band looked like they enjoyed playing. I also enjoyed it.
posted by miyuki at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | GIGS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック