2008年06月14日

カフェで英会話その7+α

2週間ぶりの英会話レッスン。
今日は先週見に行った『ターナー賞の歩み展』の話から。
「僕が勧めたから見に行ってくれたの?ありがとー」みたいなことを言ってました。

私が40分待った挙げ句、最後に立ち会えなかった「60分の沈黙」については、彼は見ることが出来たそうです。
普通にばんざーいって感じで、そんなに特別なもんじゃなかったから大丈夫だよーとのことでした。

印象に残った作品の話などからcontroversial(議論を呼ぶ)という単語を教わりました。「controversialな話題、何かない?」と言われ、うーんうーんと悩んで、いま日本でサマータイム制を導入するかどうか議論されてる、というのと、バイオ燃料のために食料を使うことの是非、について話しました。

Are you for it or against it?(賛成?それとも反対?)
I'm all for it(賛成だ)/ I'm completely against it(反対だ). Because...
という風に会話は続く・・・。やっぱりケンブリッジ君のレッスンは、比較的内容が堅い。

で、何の話題からだったか忘れましたが、髪の色の話へ。
ケンブリッジ君曰く、私の髪の色はJet Black(真っ黒)だそうです。
「日本人の髪はBlackだけど・・・」
と、言ってわざわざ身を乗り出して私の頭を確認し、
「ミユキの髪はJet Blackだね」
しかもなぜか(黒さに関して)Goodとか言われて。でも実はちょこちょこ白髪あるんだよーと言うと、
「大丈夫、分かんないよ!僕の母は茶色い髪で、年齢の割に若く見えるけど、父は80%くらい白くて、しかも27〜28歳くらいから白くなり始めたらしいんだよー。だから僕もany minute now(今にも)白くなるかも・・・」(彼はもうすぐ26歳で、茶っぽい金髪)と言って笑ってました。じゃ、色はさておき髪は大丈夫なんだね、とは言えませんでしたが。
Jet Blackって、なんか響きがカッコイイですよね。絵の具だと、「Black」とは別に「Jet Black」を出しているメーカーもあったりするし。

さて今日はレッスンの後、ケンブリッジ君のロンドン時代の友人で、現在東京でパタンナーでの働き口を探し中というMちゃんと引き合わせてもらう運びになっていました。
吉祥寺の駅へ戻って彼女と合流。
井の頭公園の方に歩きつつ、レトロな雰囲気の喫茶店を見つけたのでそこで話すことにします。

文化服装学院で2年間勉強した後、ロンドンで1年半近く語学学校に通い、ファッション関係の会社でちょっとバイトした経験もあるというMちゃんははつらつとしていて、パタンナーの仕事に興味津々といった感じでした。

まだ私も2年ちょっとしかパタンナーとして働いていないし、この仕事での転職経験もありませんが、実技試験がどんな風だったとか、毎日の仕事内容とか、分かることはいろいろ話しました。
また私も、ロンドン暮らしの話なんかをちょっと聞けて楽しかったです。
とりあえず母校に行ってみて、就職活動に関する相談をしてみることと、おそらくいろんな専門学校で、社会人向けにやっている夜間学校に申し込んで技術研修を受けるといいよ、と勧めてみました。

途中、お手洗いに立ったケンブリッジ君、戻ってきて「ペーパーホルダーのカバーがPLAYBOYで、お店の雰囲気と全く違うからすごくびっくりした」ととまどった様子でした。
playboy-logo.jpg

私も先にお手洗いに行っていたのでそれには気が付いたのですが、欧米の人にとって「PLAYBOY」のブランドっていうのは、日本での、単なるカジュアルブランドの1つっていう認識とは全然違うらしい。雑誌『PLAYBOY』のイメージだそうですねー。
「だから僕はPLAYBOYの服は絶対着ない」って言ってました。
私は以前、「ウサギは動物の中で一番性欲が旺盛。だからPLAYBOYのブランドマークはウサギなんだ」と聞いて以来、あのマークを見ると「性欲か・・・」とか雑念が入ってしまいます・・・。
当ブランドをご愛用の男性諸氏は、海外では着用されないほうがよろしいかと。
playboy.jpg

そういやMちゃんとの会話の中で、ケンブリッジ君はモデルのバイトもしてるらしいと判明!
ほほーっと驚いたけど、彼なら納得。若い頃のデーモン・アルバーンをさらにあっさり風味にした感じで、かわいいもんね。
Damon_Albarn.jpg

何の雑誌に載ってるのー?写真見せてよーって言ってみたのですが、前回モデルをしたのはカナダの飲料メーカーの、10人くらいでパーティーしてるっていうシチュエーションの写真で、上から10人を見下ろしたような写真=頭頂部だけしか写ってない+左肩のみだったそうで。彼はヘアメイクさんが作ってくれた髪型が気に入らず、すぐ元通りにしたとか。なので、広告が載ったという雑誌の名前を教えてくれただけでした。
でも次回のはテニスウエアのメーカーの写真で、モデルも彼1人らしいので、今度は顔もしっかり写るのかな?見てみたいなあ。

ちなみにケンブリッジ君は、8月にイギリスに帰国した後は銀行に就職が決まっているそうですが、それはCentral Bank(of the United Kingdom=Bank of England イングランド銀行)で、ケンブリッジ大学卒業の彼はもちろん窓口業務などではなく、世界各国の情勢とか経済状況なんかを調べて取引先との提携をコントロールしたりするような、公務員的な職だそうです・・・。日銀ってとこか・・・偉いさんやなあ・・・。
posted by miyuki at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ENGLISH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100525997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック