2016年11月25日

Repair and maintain overlocker

ロックミシンをメンテナンスに出しました

今年の6月、職業用ミシンを修理に出しました(こちら)が、今度はロックミシンの調子が悪くなり、修理に出すことに。こちらも13年前に購入して以来初めてのメンテナンス。
症状: コントローラーを踏み込んでも動いてくれないことが時々あり、コントローラーの中の配線か何かが悪くなっているのかなあと。
あとはクリーニング。糸くずがひどい。

11月半ば、前回と同じミシン屋へ。
前回は徒歩+電車で自力で運びましたが、今回はハウスメイトが車を出してくれたので楽々〜。
私のロックミシンはJUKIの糸取物語。2本針4本糸です。こちらではJUKIのミシンは普通のミシンもロックミシンもまとめてBaby lockと呼ばれるらしい。
カタログによると総重量約7.8kgだそう。職業用ミシンが11kg程度だったことを思うと軽い。
コントローラーと、例によって変圧器も持ち込む。

電話で事前にmechanic(修理工)さんとしゃべった時点では「普通、4〜5年ごとに点検・整備に出してもらうのが理想なんだけど、どうやら長期間メンテナンスされてないみたいだし、実際に見てみないと直せるかどうか分からないね。だいたい1週間はかかると思ってもらいたいんだけど、もし運悪く修理できないってことになったら3日ほどで返すから」とのことでした。
「治癒の見込みがないのでお引き取りください」って言われたらどーしよー、と、自分がこれまで無精してきたことは棚に上げて不安に陥ることしばし。

続きを読む
posted by miyuki at 20:33| Comment(2) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする