2016年06月18日

Repair and maintain sewing machine

ファッション専門学校入学時に購入して以来およそ13年間、一度も専門家によるクリーニングやメンテナンスを受けたことがなかった私のミシン。
これまでは特に問題はなかったものの、さすがにいろいろ調子が悪くなってきて、ちょうど今は例の、セレクトショップ自社ブランドの仕事ばかりでトワルを縫うこともないし(トワルはサンプル屋さんが本物の生地で縫うから)と、この度初めてミシン修理に持ち込みました。
車がないため、日本からシドニーに持ってきたときに使ったバッグに入れ、自力で。うちと、ミシン屋の両方が駅から徒歩2分程度と近くで良かった。何せ10kg以上ありますから。
私のミシンはもちろん日本製で、電源もプラグの形状と電圧が違うため、変換プラグと変圧器も持ち込む。

続きを読む
posted by miyuki at 18:05| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする