2016年04月27日

How to create the patterns from existing garments

参考サンプルや実在する服からパターンを取る方法について。

前回のパタンナー日記で”持ち込まれた参考商品のパターン取り”をしたことを書きましたが、たまにはこういう、パターン解説みたいなことも書かねば、と思って書いてみます。

パタンナーをしていると、「これをコピーして」といった感じで、実際の服を渡されてそれからパターンを抜く(取る)、という作業が時々あります。
サンプルを解体、アイロンして平面に戻すことができればそれをトレースしてパターンを取ることができますが、サンプルが借り物だったりしてほどくことができない場合が多いと思うので、その場合の、(あくまでも)私の方法。

初めの頃は「これって言ってみれば”パターン泥棒”ってか盗作じゃないの?」と思ったりしましたが、小規模なブランドではどこでも結構普通に行われていると思います・・・多分。
持ち込まれるのは、デザイナーさんが興味を引かれた服だったり、他社で売れ筋の商品だったり。抜いたパターンをそのままそっくり使って商品が作られることもあれば、生地を変えたりデザインを加えたりして商品になることも。これぞ”behind the curtain”(=舞台裏)って感じ?


続きを読む
posted by miyuki at 07:16| Comment(0) | PATTERN CUTTING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする